青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

選手と観客の思いが一体化する、
石川遼が考える理想のコース。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph bySankei/Getty Images

posted2011/11/11 06:02

選手と観客の思いが一体化する、石川遼が考える理想のコース。<Number Web> photograph by Sankei/Getty Images

10月23日のブリヂストンオープン最終日。9番からの3連続バーディでは、すべてのショットをピンそば1mに絡め、ギャラリーの歓声を誘うも、6バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算4アンダー23位タイで大会を終えた

 最初は何を言ってるのだろうと思った。

 10月中旬に行われたブリヂストンオープンの練習日のこと。ラウンドしながらグリーンで球を転がしてた石川が突然「見えるー?」と大きな声を出した。すると少し離れた場所にいた石川のスタッフが「うーん、ぎりぎり」と返した。

 スタッフがいた場所はグリーンの周りにある立ち見スタンド。グリーン面が見えにくい砲台グリーンの不便さを解消するため、急ごしらえで用意されたものらしかった。石川はそこに立ったギャラリーの目線、選手のパットがしっかり見えるかどうかを、自らのラウンドついでに確認していたのだった。

 そんなことをする選手はもちろん普通はいない。なんとも珍しいやりとりを見ながら、前週の日本オープン開幕前に石川が話していたことを思い出した。

ギャラリーと喜びを共有する瞬間を石川は考えている。

 今年の日本オープンが行われた鷹之台CCは砲台グリーンが多く、ギャラリーゾーンからは背伸びしてもグリーン面が見えないようなホールが多かった。現地観戦する人にとっては決して優しいとはいえないコース。それでもメジャーであり、首都圏での開催。「ギャラリーがたくさん来ると思うけど?」という質問に石川はこう答えたのだった。

「もちろん見に来てくれるのはうれしいけど、ロープの外からカップが見えるホールが何ホールあるのかと思ってしまう。そこは選手としても気になるし、選手のプレーにも影響を与えかねない。プレーが見えないのに『止まってください』と言っても説得力はないし、そういうとこも心配なんです」

 選手が意を決して放ったパットがカップに向かって転がっていく。試合の勝敗を、時には人生すら左右する一打。入れ! 入れ! と願う刹那にスリルがあり、決まった瞬間に大きなカタルシスがある。そこには選手とギャラリーの幸せな共有空間があり、ゴルフ観戦の大きな魅力がある。それが味わえないことはギャラリーだけでなく、選手にとってもマイナスになりえるということだ。

【次ページ】 選手がミラクルを起こすにはギャラリーの視線が必要だ!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
石川遼

ページトップ