Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ナポリ、21年ぶりに欧州最高峰の舞台へ> マッツァーリ 「ジャイアントキリングの用意はできている」 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAri Takahashi

posted2011/10/21 06:00

<ナポリ、21年ぶりに欧州最高峰の舞台へ> マッツァーリ 「ジャイアントキリングの用意はできている」<Number Web> photograph by Ari Takahashi
ゲーム中に見せる激情と、ピッチを離れて見せる柔和な表情。
数々のクラブで成功を収め、イタリア一熱狂的なサポーターを
持つナポリに、21年ぶりの歓喜をもたらした男の素顔に迫る――。

「醜態をさらすためにヨーロッパの舞台へ戻ったのではない。われわれは、サプライズを起こすためにチャンピオンズリーグへ乗り込んでいるのだ」

 ナポリの指揮官、ワルテル・マッツァーリにとって、今シーズンのプライオリティは、はっきりしている。

 チャンピオンズリーグ最優先。インテル相手にサン・シーロで17年ぶりの歴史的勝利を挙げても、その考えは揺るがない。

「もしターンオーバーを強いられる事態になれば、セリエAを犠牲にする。チャンピオンズの戦いは、ヨーロッパリーグとは完全にレベルがちがう。国内リーグのために戦力温存などということを考えれば、待っているのは大量失点による惨敗だけだ。12月の最終節まで、グループ突破をかけてCLに全精力をぶつける」

 SSCナポリが、21年ぶりに欧州最高峰の舞台へ帰ってきた。あのマラドーナを擁した'80年代後半から'90年代初頭までの黄金時代以来の頂上挑戦。

 だが、超名門バイエルン・ミュンヘンを筆頭に、中東資本による巨大戦力のマンチェスターC、そして常連のビジャレアルと同居するA組は、今大会における“死のグループ”。苦戦は必至と見られていたが、緒戦のマンC戦でアウェイながら臆することなく果敢に攻め込み、勝ち点1を得ると、つづく第2節ではビジャレアル相手に完封勝利を挙げ、堂々グループ2位につけた。ダークホースとして存分に暴れまわるナポリを率いるのは、やはり異端派として知られるマッツァーリだ。

今も語り草となっている、レッジーナ時代の“奇跡”の残留劇。

 彼が一躍名声を得たのは、地方の弱小クラブだったレッジーナを率いて3年目の'06-'07年シーズン。カルチョ・スキャンダルによる制裁措置で科された勝ち点マイナス11のペナルティを見事覆した。奇跡ともいえる残留劇は今でも語り草だ。

 その後率いたサンプドリアで問題児カッサーノを見事復活させ、人材再生にも才ある智将としての評価を固めた。退任後、一時フリーとなっていたが、一昨年に途中解任されたドナドーニの後任としてナポリを引き継ぐと、欧州カップ戦出場権を勝ちとった。ELに出場した昨季は、イタリア勢として唯一決勝トーナメント進出を果たしている。セリエAでも同郷のアッレグリ率いるミランと最後まで優勝争いをくり広げた末に3位に食い込み、CL出場権を勝ちとった。

【次ページ】 「愛想のいい指揮官では相手になめられるだけだ」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ナポリ
ワルテル・マッツァーリ

ページトップ