SCORE CARDBACK NUMBER

世界選手権、苦戦でも金。
吉田沙保里が地力を証明。
~日本女子レスリングの現在地~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byMiki Sano

posted2011/10/08 08:00

残り時間3秒でポイントを奪った吉田。辛勝に涙ぐむも、史上最多記録タイの9連覇達成

残り時間3秒でポイントを奪った吉田。辛勝に涙ぐむも、史上最多記録タイの9連覇達成

 試合が終わると、吉田沙保里はしゃがみこんだ。オリンピック、世界選手権でこれほど苦しんだことはなかった。涙がそれを物語っていた。

 吉田は9月中旬の世界選手権(トルコ)、55kg級で優勝し、同大会9連覇を達成したが、決勝は辛勝だった。対戦したのは北京五輪準決勝でも戦ったバービック(カナダ)。第1ピリオドを取って迎えた第2ピリオドでリードした吉田だったが、終盤、タックルに入ったところを返されこのピリオドを失う。第3ピリオドも吉田が2-0とリードするが、タックルをやはり返されて、2-2。詳細は省くがルール上、同ポイントのまま終了しても吉田の勝利になっていた。しかし、ルールを勘違いしていた吉田は果敢に攻める。そして終了間際に1ポイントを奪い、ポイント上でも明確な形で、優勝となった。

「負けるかと思いました。怖さを味わいました」

 吉田は振り返るが、これほど苦戦した原因は、「読まれていた」ことにある。

 他の競技でもそうだが、五輪前年は、オリンピックへ向けて、海外の選手たちが本腰を入れてくる。バービックもまた、世界選手権へ向けて、吉田の武器であるタックルを徹底して研究し対策を練ってきた。ポイントを失った2つの場面にそれはうかがえる。

小原(旧姓坂本)日登美の復帰で、48kg級も頂点を狙える階級に。

 ただ、見方を変えれば、それだけ対策をとられた中での金メダルは、吉田の地力の証明でもある。また、順調に行き過ぎるよりも、苦しい試合を経験したのはロンドンへ向けてよかったかもしれない。隙が生まれることもなくなるはずだ。

 そのほか、女子では、63kg級の伊調馨が全試合で快勝して7度目の優勝を果たし、48kg級では小原(旧姓坂本)日登美が昨年に続き優勝した。

 小原はもともと51kg級の選手。51kg級時代は出場した6度の世界選手権すべてで優勝している実力者だった。一度引退したあと、2010年に五輪実施階級の48kg級で復帰しているが、健在ぶりをあらためて示した。アテネ、北京で日本女子が金メダルを獲得した55、63kg級に加え、48kg級もまた、ロンドンで十分頂点を狙える階級となった。

 吉田の苦戦はあったものの、日本女子の地力を示したのが、今回の世界選手権だった。

■関連コラム ► 絶対女王・吉田沙保里の驚異のモチベーション。~金メダル獲得の向こう側へ~
► 吉田沙保里、V10の陰に母の支えと「永餅」あり。~レスリング世界記録に挑む~

ページトップ