セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエAがテクニック重視の傾向に。
“小兵”ストライカーに注目せよ! 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/09/30 10:30

セリエAがテクニック重視の傾向に。“小兵”ストライカーに注目せよ!<Number Web> photograph by AFLO

マキシミリアーノ・モラレスはリーグ最小の159cm。今夏移籍を果たしたアタランタの攻撃を牽引する。3月にはアルゼンチン代表デビューも果たした

 小兵たちが暴れ回っている。

 開幕後、5節を終えたセリエAで低身長プレイヤー、特にミニサイズFWたちの活躍が際立っている。パラシオ(ジェノア)やカバーニ(ナポリ)ら本格派に混じって、170cm以下の小兵ストライカーたちが得点ランキング上位で幅を利かせる“小兵ブーム”。190cm台もめずらしくない大型DFがひしめくイタリアにあって、彼らの活躍は新鮮さをもって受け止められている。

 トレンドの口火を切ったのは、アタランタの新人FWモラレスだ。

 開幕のジェノア戦で名GKフレイ相手に2得点を挙げ、一躍名を売った。公称161cmだが、現地報道では159cmで一致しており、クラブ側も否定しない。トップ下とセカンドトップをこなしつつ、スピードとキレあるドリブルで相手DFを翻弄。得点こそ開幕戦以来途絶えたものの、その分相手守備陣の引き付け役となって、僚友FWデニスのゴール量産を陰で支える。

 チームは開幕以来3勝1分のスタートダッシュに成功。違法賭博関与疑惑で科された勝ち点マイナス6のペナルティを一気に挽回した。ペナルティさえなければ単独首位に立っていたはずのチームを牽引するのは、アルゼンチン時代から“ミニボトル”と呼ばれるセリエA最小選手だ。

激戦のセリエAを席巻する小兵のストライカーたち。

 誰かひとりが突破口を開けば、二番手が続くものだ。モラレスと同い年のジョビンコ(パルマ)も開幕2戦で3ゴールを上げた。

 間近に見れば、童顔と相まって、ともすると中学生ぐらいにしか見えない。だが、ユベントス・ユース育ちの164cmは、昨季のブレイクでついにアッズーリ定着をうかがうまでになった。

 小兵ブームの立役者は、ニューフェイスやヤングパワーだけではない。

 開幕戦の2ゴールでインテルを奈落の底に叩き落したミッコリ(パレルモ)の足技は健在。

 インテル戦では惚れ惚れするようなFKを叩き込んだ。試合後、熱烈なインテリスタである実姉の有名女優マリアローザから「(この夏の移籍市場で)ミッコリを買いなさいとあれほど言ったのに!」とお叱りを受けたのはモラッティ会長である。

 32歳になった“サレントのロマーリオ”のプレーには年々渋みと嫌らしさが増す。敵に回したらこれほど嫌な相手はいないが、味方にしたらこれほど頼もしい男はいない、と思わせる168cm。上背はなくとも、決定力と足技に加え、強烈なキャプテンシーによってチームを引っ張ってきた。

【次ページ】 身長はサバを読んでも積み重ねるゴール数は公明正大!?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
マキシミリアーノ・モラレス
セバスティアン・ジョビンコ
ファブリツィオ・ミッコリ
アントニオ・ディナターレ
エマヌエレ・ジャッケリーニ

ページトップ