ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

香川所属のドルトムントが迷走中!?
王者が抱えてしまった3つの難題。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/09/28 10:30

香川所属のドルトムントが迷走中!?王者が抱えてしまった3つの難題。<Number Web> photograph by AFLO

リーグ戦第7節を終え、3勝3敗1分で8位のドルトムント。ちなみに昨季の同時点では6勝1敗で2位につけていた

 王者が苦しんでいる。リーグ戦で2連敗後にようやくの勝利を得たものの、それまではCLを含めて4試合にわたってドルトムントは勝ち星に見放されていたのだ。

 特に第6節のハノーファー戦は悲劇的な内容だった。

 香川が待望のリーグ初ゴールを決めて先制。試合を優位に進めたものの、残り3分で2ゴールを奪われて、逆転負けを喫した。しかも、この試合では3度の選手交代がすべて負傷によるものだった。運にも見放されている。

 クロップ監督も警鐘を鳴らす。

「我々は大きなプレッシャーにさらされている。6試合を終えて、勝ち点7では満足できるわけがない」

エースのバリオスをはじめ、主力選手に怪我人が続出。

 苦しい状況に置かれているのには、理由がある。

 まず挙げるべきは、怪我人の多さだ。開幕前のコパ・アメリカで負傷したエースのバリオスを筆頭に、シュメルツァーとS・ベンダーもプレシーズン中から怪我に悩まされており、シーズン開幕にむけて満足のいく準備に取り組むことが出来なかった。

 シュメルツァーは開幕から2試合を怪我で欠場。S・ベンダーにしても、昨季終了後に手術を受けた膝の状態が思わしくなく、プレシーズン期間から度々戦列を離れている。今後も、怪我とつきあいながら戦わざるを得なくなりそうだ。すでに復帰したものの、スボティッチも7試合中で2試合を欠場するなど、万全ではない。

代表デビューした選手たちを取り巻く状況も急変した。

 2つ目が、選手たちを取り巻く状況が変わり、それに選手たちがついていけないという問題である。S・ベンダーやシュメルツァーやゲッツェはこの1年でドイツ代表にデビューした選手で、フンメルスにしても代表に定着したばかりだ。さらに、8月の代表戦ではギュンドガンも招集された。

 昨シーズンの開幕前、ワールドカップに参戦したのが、バリオスとスボティッチ、それにサポートメンバーだった香川しかいなかった状況とは大きく異なる。

「代表選手になったことで、選手ひとり一人の状況の変化だったりを感じるところはある」と香川も認めている。

【次ページ】 代表戦での肉体疲労とチームでの練習不足の悪影響が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
香川真司
ボルシア・ドルトムント
ユルゲン・クロップ
ルーカス・バリオス
マルセル・シュメルツァー
スベン・ベンダー
マリオ・ゲッツェ
イバン・ペリシッチ
モリッツ・ライトナー
イルカイ・ギュンドガン
ネヴェン・スボティッチ

ページトップ