セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

栄光の時代を知る“鬼軍曹”コンテが、
ユベントスを生まれ変わらせる! 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/09/04 08:00

栄光の時代を知る“鬼軍曹”コンテが、ユベントスを生まれ変わらせる!<Number Web> photograph by AFLO

新監督のアントニオ・コンテは1969年生まれの42歳。1991年から2004年までユベントスで活躍し、引退後は指導者の道へ。2010年5月、シエナの監督に就任し、セリエA昇格に導いた

 総費用1億500万ユーロ(約117億円)をかけた、ユベントスご自慢の新スタジアムがついに御披露目の日を迎えた。9月8日に栄えあるメモリアルマッチの相手を務めるのは、ノッツ・カウンティ。フットボール黎明期の1862年に創立したクラブは、ビアンコネーロ(白・黒)ユニフォームの始祖にあたる。

 1903年にユベントスが同意匠ユニフォームを譲り受けて以来の伝統を称えつつ、新時代の幕開けを祝おうという趣向だ。当初の触れ込みだったレアル・マドリーやマンチェスター・Uと比べ、イングランド3部チームとのマッチメイクはいささか華に欠けるが、新監督コンテと選手たちにとっては貴重な実戦演習の機会になるだろう。

 カルチョ・スキャンダル以降、ユベントスは迷走を続けている。昨季も2シーズン連続の7位に沈み、欧州カップ戦出場権を逃したデルネーリ監督が辞任。屈辱にまみれた貴婦人はついに切り札として、若手指導者の俊英アントニオ・コンテを招聘した。

 現役時代の13年間をユーベに捧げ、'90年代に無数のタイトルを獲得した元主将。指導歴はわずか6年だが、2度のセリエA昇格を果たした手腕も買われた。何より「4-2-4」という布陣を自身の代名詞にするほど攻撃的サッカーを身上としていることが、リニューアルイメージを対外的にも与えたいクラブ上層部のお気に召したのだ。

「攻撃的かつ圧倒的であれ!」というスローガン。

 だが、その革新的フォーメーションは選手たちを混乱させてもいる。“鬼軍曹”型指導者のコンテが頭に描くのは、つねに前線での数的有利を作り出す攻撃サッカー。「攻撃的かつ圧倒的であれ!」というスローガンを掲げ、酷暑の北米キャンプとツアー中の試合を通じて、クラブの後輩たちをしごきまくった。フィジカルを鍛え上げ、練習中のミスには容赦なく罵声を浴びせた。しかし、斬新な戦術の理解には時間がかかり、浸透は難航している。

 特に中盤の負担は大きく、技巧派MFマルキージョは「DFのカバーとピッチ上のスペースのバランスを取るのに、2人のMFだけでは相当きつい」と音を上げた。昨季、鳴り物入りで入団したFWクラシッチは、4枚の前線のうちスピードを買われて右サイドを試されたが、指揮官の意図をまったく理解できず「まるで小学生」(『ガゼッタ・デロ・スポルト』)と酷評される始末だ。

【次ページ】 ピルロ、ビダル、ブチニッチなど大量補強に成功。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アントニオ・コンテ
ユベントス
アンドレア・ピルロ

ページトップ