青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

海外メジャーで苦闘した石川遼が、
ついにボール選びで結論を出した!? 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2011/08/31 10:30

海外メジャーで苦闘した石川遼が、ついにボール選びで結論を出した!?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

7月20日、セガサミーカップのプロアマ日には、表彰式後1時間近くにわたって尾崎将司が石川遼にショットの指導を行った

 石川遼が飛距離へのこだわりを捨てた。

 いや、正しくは少々の飛距離を犠牲にしても得ようとしたものがあるというべきだろうか。

 7月下旬に石川は使用ボールを変えた。

 直径わずか4cmちょっとのボールを操るためにゴルファーは血眼になって練習している。そのボールを変えるということは、些細なことのようでいて、確たる意志がなければできないことだ。

 これまで石川の使ってきたSRIスポーツ「スリクソンZスターXV」(以下XV)はどちらかといえば飛距離追求型。新しく切り替えた「スリクソンZスター」(以下Zスター)はスピン性能追求型である。

 両者の違いは簡単にいえば、硬さにある。

 とはいえ、いくら指で押してみてもボールがへこむわけではないし、見た目だけでは分からない。果たして実際にはどれほど違うものだろうか。

新ボール「スリクソンZスター」は今までと何が違うのか?

 ボールの硬さを表す指標として「コンプレッション」がある。

 これは100kg以上の一定の荷重をかけた時の変形量を数値で示したものだ。XVとZスターでは、コンプレッション計測時の変形量の違いはわずか0.01mm単位。ミクロレベルの違いでしかない。

 プロはその差を打感で把握するわけだが、われわれのようなアマチュアでもポンポンとリフティングをしてみると、手の感触や音によって違いを感じやすくなるという。

 というわけで、石川にもリフティングした時の音を表現してもらった。

「確かに違いますよ。カンカンとポンポンまではいかないけど、カンカンとコンコンって感じですかね」

 念のために説明すると「カンカン」が硬いXVで、「コンコン」が柔らかいZスターである。分かったような分からないような気もするが、その感触の違いはフェース面とシャフトを通じて確かに石川の手に伝わっているようだ。

【次ページ】 海外の硬いグリーンが飛距離へのこだわりを捨てさせた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
石川遼

ページトップ