SCORE CARDBACK NUMBER

格闘技界に一石を投じる
ショータイムの日本上陸。
~K-1との共存は可能か?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/07/06 06:00

格闘技界に一石を投じるショータイムの日本上陸。~K-1との共存は可能か?~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

会見には61kg級王座挑戦権を賭けて戦う板橋寛(左)と山本元気(右)、日菜太(中央)も同席

 ヨーロッパ格闘技界を席巻する立ち技格闘技イベント「イッツ・ショータイム」が日本に上陸。「イッツ・ショータイム・ジャパン」(STJ)として、7月18日に東京・ディファ有明で、プレ旗揚げ戦を開く。日本でSTJを管理するのは、M-1、REBELSなど日本の立ち技イベントを統括するジャパン・マーシャル・アーツ・ディレクターズ(JMD)。昨年、立ち技格闘技の競技化を推進するために設立された組織だ。

 今後はヒジなしのショータイムとヒジありのムエタイに特化して、アマチュア、プロ、そしてチャンピオンという競技としての巨大なピラミッドを作っていくという。日本の格闘技界に根づく「まずイベントありき」の流れに一石を投じようとする姿勢は大いに評価できる。

 STJのメインにはK-1ワールドMAX2年連続世界王者のジョルジオ・ペトロシアンが登場し、成長著しい“湘南の太陽”日菜太と激突する。昨年7月、RISE68で日菜太はK-1世界大会でも実績を残すアルトゥール・キシェンコをKOで破って、世界にも通用する実力者であることを証明した。ペトロシアンと日菜太はともにサウスポーで、蹴り主体の試合を得意とする。日菜太は、ペトロシアンがサウスポーと闘った時の映像を入手して研究するなど、やる気満々だ。

STJに対して、絶縁とも受けとれる発言をしたK-1の谷川貞治EP。

「世界王者とやれるという話があったら、僕はどの団体でも行っていたと思います。なので、今回も胸を張ってSTJに出ることを決めました」

 この“胸を張って”発言には深い理由がある。STJ発足に対して、日菜太も頂上を目指すK-1の谷川貞治イベントプロデューサーが不快感を示し、先日行なわれたK-1の会見では「何にも断らずにK-1の選手に直接声をかけてリングに上げるところとは付き合うつもりもないし、その選手を使うつもりもない」と、絶縁とも受け取れる発言をしたからだ。

 STJの会見でこの件の質問が飛ぶと、第1回大会を主催するREBELSの山本元気代表は「様々なコミュニケーション不足から生じた誤解。STJはK-1と競合するものではない。いつか誤解は解ける」と大人の対応を示した。

 格闘技界の士気は落ちるところまで落ちた。どこの世界にもボタンのかけ違いはある。喧嘩をしている暇などない。

■関連コラム► 日本格闘技界の歴史的1ページ!? K-1 MAXが試みた、ネット無料配信。
► 異民族対決で人気沸騰、「ショウタイム」が熱い。~K-1活動停止中の一方で~

関連キーワード
日菜太
山本元気
谷川貞治
STJ
K-1
IT'S SHOWTIME

ページトップ