佐藤琢磨 グランプリに挑むBACK NUMBER

オーバーテイク 

text by

西山平夫

西山平夫Hirao Nishiyama

PROFILE

photograph byMamoru Atsuta(CHRONO GRAPHICS)

posted2007/06/13 00:00

オーバーテイク<Number Web> photograph by Mamoru Atsuta(CHRONO GRAPHICS)

 今季初のセーフティカーお目見えだったばかりでなく、計4回もの出番。クラッシュあり、ピットストップの混乱あり、失格あり……荒れるカナダのジンクス通り、今年のカナダは竜巻が通過したような騒ぎで完走は半数の12台。そんな中にあって、佐藤琢磨は生涯のベストレースをやってのけ、6位でチェッカーを受けた。

 終盤の数周でラルフ・シューマッハーを抜き去り、返す刀でチャンピオン・アロンソも仕留めた。イギリスで放映されているF1中継のレース直後の人気投票カナダ篇では、佐藤琢磨がハミルトンを抑えてトップだったという。

 琢磨は「夢のようなリザルトです」とレースを振り返ったが、初優勝を遂げたハミルトンのように、スタートからフィニッシュまでまったく不安のない70周だったわけではない。

 レース中、琢磨のマシンはピットストップでのウイングの微調整などが功を奏して終始快調だったものの、セーフティカーの出動に呼応したピットストップのたびに順位が変動。

 11位スタートから始まってすぐに10位から9位に浮上。1回目のピットストップの後にいったんは5位まで上がりながら、2回目ピットストップ後、3周で3回目のピットストップを敢行した時には、10位にドロップ。外野からは2回目のピットストップが失敗と見え、せっかくのポイントを失ったかに思えたが、レース後の琢磨の話を聞くとそうではなく、2、3回目のピットストップはむしろ好判断だったことが分かった。それには今年のタイヤとセーフティカーのルールが深くかかわっている。

 軟・硬2種類のタイヤが一律に供給され、レース中例外なく両方のタイヤを使わなければならないのが今年のタイヤ・レギュレーション。カナダでは硬い方のソフトと、柔らかい方のスーパーソフトの2種類が供給され、スーパーアグリ陣営が採ったタイヤ作戦は、ソフトにフォーカスしたマシン・セッティング。要するにスーパーソフトは“ここぞ”という時のショート・スティントで履き終えてしまい、もっぱらソフトを“勝負タイヤ”にするという方針。だから仮にスーパーソフトでロングランするとタイヤはタレてしまい、急速にグリップを失う。

 このタイヤ・ルール、そして今年から新たに施行された“セーフティカー出動中のピット作業は1回のストップでタイヤ交換と給油を両方行ってはならない”ルールの最適解が求められたのが、佐藤琢磨の2回目以降のピットストップだった。

 「4回目のセーフティカーが入った時、ピットレーンはまだオープンしていたので、パッといろいろ考えて、ボクの勝手な判断でピットに入ることにしました。無線で『入るぞ、入るぞ!』と叫びながら入ったんですが、ピットは何の用意もしてなかったから、メカニック達は腰を抜かしていました(笑)。タイヤをソフトからスーパーソフトに換えて、ここでは給油できないということでちょっと混乱もあったんですが、ボクとしてはスーパーソフトを早く使ってしまいたかったんです」

 ピットアウトしてからわずか3周で3回目のピットイン。この時はセーフティカーが退去していたから、給油とスーパーソフトからソフトへのタイヤ交換が同時にできた。

 コースに戻った琢磨の前にアロンソがいたが、すぐにラルフを追い抜いて行ったので、当面の敵はそのラルフ。ラルフのタイヤは新品のスーパーソフトだが、3周ほど追い回しているうちに後輪の摩耗がひどくなっていることを確認した琢磨は、バックストレッチでスリップストリームに入り、最終シケインの飛び込みでオーバーテイク。

 「そうしたらすぐにアロンソに追いついてしまったんですが、トップスピードが速いのでスリップストリームに入っても離されるほどでした」

 だが、そのアロンソのタイヤもスーパーソフトで、後輪の摩耗がひどい。琢磨はラルフとまったく同じパターンでブレーキング勝負に持ち込み、最終シケインの飛び込みで外からかぶせてオーバーテイク。チャンピオンを下して「信じられない!」6位を得た。だが、それはタイヤをうまくコントロールできた末の6位である。

 「上がつぶれた運もあったけど、バトルして獲ったリザルトだというのが嬉しいですね」

 運と実力がハーフ&ハーフ。これからレースを重ねるごとに、実力の領分が広がって行くのだろう。そのことを予感させてくれた佐藤琢磨のカナダGPだった。

関連キーワード
佐藤琢磨

ページトップ