Sports Graphic NumberBACK NUMBER

野瀬瞳 手作りケーキの行方。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byMasakazu Yoshida

posted2008/03/13 16:48

野瀬瞳 手作りケーキの行方。<Number Web> photograph by Masakazu Yoshida

 「高校を卒業してそろそろ1年ですけど、水泳人生だなって。最近は、午後練習が終わって帰ると10時半くらいで、そのまますぐ寝ちゃうことが多いです」

 目標はもちろん、北京五輪代表選考会を兼ねる4月の日本選手権と、五輪本大会での表彰台。100mと200m平泳ぎで短水路高校新記録を出した頃の「自分の泳ぎ」を取り戻すべく、週6日、午前と午後の2部練習に励む。

──昼練と夜練の間は何を?

 「ウフッ、寝てる(笑)。……いや、料理してます!」

 どんな料理を……と質問を重ねたら、恥ずかしそうな、困ったような表情を見せて、

 「お菓子作りは好きです!」

 と逸らされた。

──バレンタインはコーチに?

 「はい、本命チョコ!(笑)」

──手作りの。

 「いえ、コーチにあげたのは売ってるチョコで、手作りのケーキは、スイミングクラブの子供たちが食べました」

 練習三昧の日々にも、女の子らしい日常が垣間見える。とはいえアスリートたるもの、ストイックな栄養制限とかはないのだろうか。

 「専属の栄養士さんが付いていて、その日に食べたものをメールしてます。大会が近づくと、“今日は糖質を多めで”ってメールが来たり。去年、ジュニア五輪とかで東京に1カ月くらい遠征したとき、宿舎の近くにあったカレー屋で毎日カレーばっかり食べてたら、すごく怒られました(笑)」

関連キーワード
野瀬瞳

ページトップ