SCORE CARDBACK NUMBER

7人制W杯の切り札に?
ホンダのアリシが代表へ。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2009/02/26 00:00

7人制W杯の切り札に?ホンダのアリシが代表へ。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 「セブンズ・ジャパンの目玉になるかもしれませんね」

 ドバイで開かれる7人制W杯を控え、日本代表の村田亙監督は小声で呟いた。1月26日に東京・辰巳で行われたセブンズ恒例のワンデー合宿。視線の先には、合宿に初参加したCTBアリシ・トゥプアイレイの姿があった。

 サモアに生まれ、2歳でNZへ移住。7歳でラグビーを始めてU21NZ代表やカンタベリー州代表を経験。'03年にはNPC(NZ選手権)で12トライを挙げ、トライ王も獲得したアリシは、'04年に23歳で来日し、トップウエストのホンダに加入した。187cm、121kgの巨躯と爆発的なスピードで活躍、今季で5年目だ。

 「ホンダに来たのは、自分も若かったし、チームと一緒に上がっていきたかったから。今季はトップリーグ入りを決めて、自分は初めて代表に選ばれた。どっちも新しいチャレンジ。すごく楽しみだし、今からエキサイトしてるよ」

 アリシは人懐こい笑顔で話した。下部リーグ所属とあって全国的には無名だが、東海から関西の関係者の間では以前から「なんでアイツが代表に呼ばれないの?」と囁かれていた。村田監督は12月、三重県ラグビー協会主催の普及活動に招かれた際に鈴鹿のホンダグラウンドでアリシと会い、実際のプレーを見た上でセブンズ参加への意志を聞いたという。

 「前から情報はあったけど、直接話して代表への強い意欲を感じた。強烈なタックルと世界基準のサイズ、スピードは魅力だし、自分の意見もキチンと言う。日本語のコミュニケーションも問題ない」

 ドバイW杯は3月5日に開幕する。日本代表は2月6日から、前哨戦の米国サンディエゴ大会出場を兼ねた遠征で集中強化中。7人制ではコミュニケーションとスタミナが最重要視されるだけに、アリシのW杯メンバー入りは、どこまでチームにフィットし、自分のフィットネスを高めるか次第だが……。

 「アリシは、実は日本に来てから体重が15kgくらい増えたんです。でもセブンズに呼ばれてからは目の色が変わって、自分でトレーニングして身体を絞ってる。もっと早く代表に呼んでくれてたら良かったのに」とは某チーム関係者。サモア産NZ製ホンダ出荷の高速重戦車は、村田ジャパンの秘密兵器になるか?

ページトップ