SCORE CARDBACK NUMBER

“マネーボール”は健在。
アスレチックスの節約術。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/03/26 08:58

“マネーボール”は健在。アスレチックスの節約術。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 まるで株式ニュースのような解説だった。「とにかくお金を使わない。価値が下がったときに、絶妙なタイミングで契約する」。数年前、あるエージェントがため息混じりにそう言っていたのを、ふと思い出した。“マネーボール”でお馴染みビーンGM率いるアスレチックスの補強方針である。このオフは特にそのお家芸が遺憾なく発揮された。

 オープン戦も始まった3月6日、内野手のO・カブレラ、N・ガルシアパーラ、両名と1年契約で合意。カブレラは今オフFAの目玉選手の一人だったが、不況の煽りを受けたメジャー界のマーケットで移籍先が決まらず。昨年ホワイトソックスで900万ドルだった契約を400万ドルで買い叩いた。一方のガルシアパーラは球宴5度出場のスターながら近年は故障に悩み引退寸前だった。独自の調査でまだ価値があると判断し、契約したのは100万ドルという超底値。これで、525万ドルながら打撃不振と故障で不良債権化していたB・クロスビーを見切る目処が立った。

 これに先立った補強も見事なまでの商売上手だった。昨季までヤンキースで7年総額1億2000万ドルだったJ・ジアンビの400万ドルは、一発と球団好みの高出塁率を考えればDHとして安い買い物。トレードで獲得したM・ホリデーの年俸は1350万ドルとやや割高だが、実は今季終了後にFAとなるのがミソである。ボラスが代理人ということもあり、次の契約は長期かつ高額を狙っているからだ。そのためには今季の活躍が必須。3年連続3割2分&25本塁打以上の安定感は健在だろうし、奮起して今季はそれ以上の成績を残すという皮算用。商品価値を高めて、どうぞ来季は他所でいい契約をして下さいというわけである。

 カブレラは今回の契約に際し「ジアンビとホリデーの存在が、この球団に移籍する決め手となった。(今季は)ポストシーズンに進出する絶好のチャンスだからね」と語った。直近のプレーオフ進出は'06年。この年、たった50万ドルで獲得した落ち目のF・トーマスが返り咲き、功労者となったことは記憶に新しい。リーグ最低だった得点力は完全に補強できた。青天井で投資したヤンキースとは対照的で、やりくり上手の結果がどうなるか楽しみである。

■関連コラム► アスレチックス選手が住む“トキワ荘”。 (2007年5月31日)

関連キーワード
オークランド・アスレチックス

ページトップ