SCORE CARDBACK NUMBER

力士生活22年、琴ノ若が引退の花道へ。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph by

posted2005/11/10 00:00

 奇跡ともいうべき秋場所の大逆転勝利。残り3日の時点で、首の皮一枚のところまで追い詰められていた横綱・朝青龍は、自らの底力と強運で連覇の記録を繋げた。尊敬する大横綱・大鵬の6連覇に並んだ朝青龍。遂に来る九州場所で連覇記録の更新に挑む。

 優勝すれば、前人未到の7連覇に加え、平成17年、年間完全制覇の付録つき。しかも北の湖理事長が作った年間最多勝82勝まで射程内にある。2敗までなら最多勝記録も達成。1年の締めくくりとなる九州場所にかける朝青龍の意気込みは、並々ならぬものと想像される。気合いが空回りしない限り、あらゆる記録が塗り替えられる可能性は大だが、最近2場所で圧倒的な強さを見せたのは終盤のみ。慢性的な稽古不足でかつての猛稽古の貯金も底をついてきた感が見られるだけに、他の力士の頑張り次第では秋場所以上にスリリングな展開も期待される。千秋楽、朝青龍の頬をつたうのは、秋場所同様、感激の涙か。それとも悔し涙か。

 同じ千秋楽の土俵、その日を万感の思いで迎えるであろう力士がいる。昭和59年夏場所初土俵、力士生活22年目を数える幕内最古参力士、37歳のベテラン琴ノ若である。

 師匠の佐渡ヶ嶽親方の娘と結婚し、部屋の継承を託された「ムコ殿」。引退後の安定が約束されている中、現役にこだわり続けた琴ノ若。「十両に落ちたら引退して親方になる」という師匠との約束を背にしての大奮闘だったが、遂に今場所を限りに土俵を去る。というのも、佐渡ヶ嶽親方が今場所を限りに定年退職となるため、琴ノ若が直ちに跡を引き継がねばならなくなったからである。

 幕内在位90場所は、高見山・寺尾・安芸ノ島に次ぎ歴代4位。先場所に飾った幕内600勝で、同じ山形県出身の横綱柏戸の599勝の記録を抜いた。左ひざの靱帯は殆ど切れ、本場所中は何度も痛み止めの注射を打つ満身創痍の体。稽古場ではもはや腕立て伏せしかできないが、最後の場所では明日を担う若手力士たちにメッセージを伝えてくれるはずだ。

 色白の八頭身の体に恵まれ、正に錦絵から飛び出してきたような人気力士だった琴ノ若。引退は至極残念ではあるが、15日間、その熱き思いを存分に土俵で示してほしい。

ページトップ