SCORE CARDBACK NUMBER

トロントを支え続けたカーター時代の終わり。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

posted2005/01/20 00:00

 カナダの人たちは隣国アメリカに対して複雑な思いを抱いている。憧れの気持ちと、ほんの少しの劣等感。アメリカ文化に影響を受けながら、大国アメリカに簡単には屈したくないと反発する気持ち。トロント・ラプターズと、ラプターズのアメリカ人スター選手、ビンス・カーターの7年間にわたる関係も、そのアメリカとカナダの関係を映し出していた。

 '98年、ドラフト直後のトレードでトロントにやってきたカーターは、超人的なジャンプ力と、豪快なダンクでいっぺんにトロントニアンを魅了した。ついたニックネームはアリーナのスポンサーでもあるカナダ航空にちなんで「エア・カナダ」。カーターは、当時まだ設立3年のひよっこNBAチームだったラプターズに鮮やかな色彩を与え、『アイスホッケーの街』のトロントニアンたちの目をバスケットボールに向けさせた。

 トロントのファンは、カーターを誇りに思う一方で、カーターがカナダを去る日を恐れてもいた。過去にデイモン・スタッドマイヤー、トレイシー・マグレディがラプターズを去っていったように、カーターもトロントを出てアメリカに戻りたくなる日が来るのではないかと、心の底で思っていた。それだけに、カーターが2001年にラプターズと6年間の契約延長を交わしたときには歓喜した。しかし、その喜びも長くは続かなかった。

  決別が決定的になったのは9月、カーターがトレード要求を公に口にしたときだ。「真実を言うときが来た」とカーターは、地元紙を通じて明言した。「トレードして欲しい。僕のキャリアを復活させたい」

 トロントの街やカナダの国が嫌になったからではなく、何年にもわたって次々とコーチが替わり、チームメイトたちが入れ替わり、チームの方針が変わり、それでも成績が上昇しないラプターズのチーム状況に見切りをつけたのだと、トレード要求の理由も語られた。

それでも、カナダのファンはカーターに裏切られたと感じた。今季のエアカナダセンターではカーターに向けられたブーイングの大合唱が響いていた。それが、トロントに背を向けたスターへのファンからの返事だった。

  12月17日、ラプターズはビンス・カーターをニュージャージー・ネッツへ放出したと発表した。

関連キーワード
NBA

ページトップ