SCORE CARDBACK NUMBER

日本ラグビーの雄、吉田義人、新たな旅立ち。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2004/05/06 00:00

日本ラグビーの雄、吉田義人、新たな旅立ち。<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

 「お前はヨシダか?」

 いったい何人の人にそう訊かれたことだろう。1992年4月、NZで記者はたいへんな質問攻めと握手攻めにあった。何も記者が“ヨシダ”に似ていたわけではない。その時期、NZに滞在していた日本人の多くが、そんな経験を持ったはずだ。ラグビーについてなら世界一目が肥えているはずのキーウィたちは、その日目撃したトライを頬を赤くして語り、讃え、日本人と見れば誰彼なく握手を求めていたのだ。

 トライを奪われたのは、誇り高き黒の軍団オールブラックス。奪ったのは世界選抜の背番号11、日本代表のWTB吉田義人だ。イングランドのCTBガスコットがゴールライン上に蹴り上げたキックを弾丸となって追い、頭から飛び込み、伸ばした腕の先で落ちてきたボールを掴むと同時にグラウンディング。「あんな凄いトライは一度も見たことがない。NZ人なら誰も忘れませんよ」。後にそう言ったのは、16歳のときスタンドの一角でスーパートライを目撃したジョナ・ロムーだ。その男のプレーを語るとき、人は誰も熱くなった。

 3月28日の全早明戦。“世界のウイング”は現役生活にピリオドを打った。秩父宮に詰めかけたファンの多くは吉田と同年代――概ね30代前後に見えた。おそらく、青年期の記憶の何割かは、疾走する背番号11の姿と重なり合って刻まれているのだろう。スタンドを覆う空気は、どこか潤みを含んでいた。

 選手生活は平坦ではなかった。'88年の代表デビューから代表最後の試合となった'96年香港戦までの8年間を順風とすれば、'04年の引退までは台風に弄ばれたような8年間。所属していた伊勢丹は'99年に廃部を決定。'00年にはプロとしてフランス1部リーグのコロミエと契約したが1年で帰国。フィジカルを鍛えあげて国内シーンに復帰したが、三洋電機とサニックスで送った3シーズンはコーチの構想から外れ、故障にも泣き、出場チャンスに恵まれなかった。

「でも、本当にいい経験になりました。いろんな立場を味わったし、ヘンな言い方だけど、いい指導者になれる自信がついたんですよ」

 4月からはトップイーストの横河電機でヘッドコーチに就任。指導者としてトップリーグを目指す新生活をスタートさせた。世界を駆けた翼は、もう新しい雛を育て始めている。

ページトップ