記事に戻る

伊達公子と杉山愛が振り返る“日本女子テニス界の黄金時代”「先に負けるわけにはいかない」「自分が負けるのは絶対に嫌」

日本女子テニス界を象徴するレジェンド、伊達公子氏と杉山愛氏の特別対談が実現した / photograph by Takuya Sugiyama 1994年に日本人女子選手として初めてトップ10入りを果たした伊達公子 ©Getty Images 2000年代にシングルスの世界ランキング8位、ダブルスでは1位に上り詰めた杉山愛 ©Getty Images ©Takuya Sugiyama 良きライバル良き先輩後輩として、現役時代から長らく交流を続けてきた2人 ©Getty Images 1995年全仏オープンで大躍進した伊達 ©Getty Images ©Takuya Sugiyama 2008年に12年の空白の時を経て現役復帰を果たした伊達。全盛期から後続が育っていないという中で、わずか1年後には再び世界の舞台に舞い戻り、世界1位経験者のディナラ・サフィナや、マリア・シャラポワらをも破る衝撃的な活躍を見せた ©Getty Images ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number

1995年全仏オープンで大躍進した伊達 ©Getty Images

日本女子テニス界を象徴するレジェンド、伊達公子氏と杉山愛氏の特別対談が実現した / photograph by Takuya Sugiyama 1994年に日本人女子選手として初めてトップ10入りを果たした伊達公子 ©Getty Images 2000年代にシングルスの世界ランキング8位、ダブルスでは1位に上り詰めた杉山愛 ©Getty Images ©Takuya Sugiyama 良きライバル良き先輩後輩として、現役時代から長らく交流を続けてきた2人 ©Getty Images 1995年全仏オープンで大躍進した伊達 ©Getty Images ©Takuya Sugiyama 2008年に12年の空白の時を経て現役復帰を果たした伊達。全盛期から後続が育っていないという中で、わずか1年後には再び世界の舞台に舞い戻り、世界1位経験者のディナラ・サフィナや、マリア・シャラポワらをも破る衝撃的な活躍を見せた ©Getty Images ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number

ページトップ