畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

2015年W杯戦士・畠山健介が語る、
スクラムから見たジャパンの現在地。 

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2018/12/26 10:00

2015年W杯戦士・畠山健介が語る、スクラムから見たジャパンの現在地。<Number Web> photograph by Miki Fukano

畠山健介は現在のジャパンの方向性を支持している。しかし、彼だからこそ見える注意点もあるという。

スクラムを矛にするために。

 では、W杯前年の2018年の強化を終えて、日本代表のスクラムの完成度はどうか。

 僕は「問題ない」と思っている。スクラムからボールを出す、という点で4年前よりスムーズにできている。

 ロシア戦前半の出来はよくなかったが、あれはキングスホルムスタジアム特有の「ぬかるみ」に適応できなかったのもあったと思う。キングスホルムは2015年W杯のスコットランド戦の会場で、僕はニューカッスルの一員としてイングランド・リーグで何度かあのスタジアムでプレーしたが、あのグラウンドは足場が悪く、踏ん張りがあまり利かない。

 ロシアの高いモチベーションに圧倒された感もあったが、後半に入って立て直して、ちゃんと逆転できたのは日本の高い地力を示すものだろう。

 ただ、欲を言えば、来年の本大会を見据えて、スクラムでペナルティを奪うことができれば、頼もしい武器となる。特にW杯という大きな舞台では、スクラムで優位に立つことがかなり重要だ。

 実際2015年大会でも、サモア戦とアメリカ戦は、スクラムでペナルティを奪い、そこからのキックでゲインしようと(タッチラインに蹴り出してマイボール・ラインアウトに)、事前にプランニングしていた。たとえるなら、いまの日本のスクラムは“盾”にはなっているけど、“矛”にはなっていない。

「もう少し、早歩きしても」

 奇しくも4年前の4連戦の成績も「1勝3敗」だった。しかし、W杯に向けた問題意識というか、「このままじゃヤバい」という危機感は4年前の方が圧倒的に強かったように思う。

 ジャパンの強化の方向性は間違っていないと思う。不安視する必要はない。テストマッチで振るわなくても、「W杯が一番勝たなくてはならない舞台」という、ある種の余裕というか、ゆとりを感じられるのは、日本ラグビーの進歩と言えるのかもしれない。

 だけど、4年前の尋常ならざる緊迫感を肌身で知る人間としては、老婆心かもしれないが、「もう少し、早歩きしてもいいんじゃない?」と思ったりもする。

(構成:朴鐘泰)

畠山健介 公式SNSはコチラ!
公式ツイッター: https://twitter.com/03hatake
公式インスタグラム: https://www.instagram.com/hatake03/

関連記事

BACK 1 2
畠山健介
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ