パラリンピックへの道BACK NUMBER

村岡桃佳、開花のパラリンピック。
ソチで発した「練習したいです」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/18 07:00

村岡桃佳、開花のパラリンピック。ソチで発した「練習したいです」。<Number Web> photograph by Getty Images

金メダル授与式を終えたあとに「もっとたくさんの金メダルを」と語った村岡桃佳。

「自分で始まり、自分で終わる大会に」

 一方、今大会では、男子勢がソチほどの成績を残せずにいる。だが、村岡が成長する過程には、カービングターンを世界で真っ先に取り入れた森井ら、日本男子のレベルの高さがあった。

 それなくして、村岡の躍進はなかったかもしれない。高速系、技術系それぞれに強い選手がいることで、さまざまな技術も目の当たりにし、取り入れることができた。村岡の研究熱心さもさることながら、村岡の活躍は男子が培った技術があってこそとも言えるし、日本パラアルペンスキーの存在感を示すものでもある。

 村岡は最終日の18日に回転に出場する。競技日程を見て描いた、「自分で始まり、自分で終わる大会にしたい」という目標を成し遂げるために、最後の種目でも表彰台を目指してスタートを切る。

関連記事

BACK 1 2 3
村岡桃佳
平昌パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ