Number ExBACK NUMBER

羽生結弦、圧巻の演技と感動の輪。
平昌ボランティアも涙した熱狂。

posted2018/03/01 08:00

 
羽生結弦、圧巻の演技と感動の輪。平昌ボランティアも涙した熱狂。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

平昌五輪最終日に行われたエキシビション、リンクを去る間際に観客に向け「カムサハムニダ!」と叫んで感謝を伝えた羽生。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA

 ああ、やっぱりそうなんだな。

 今回のNumber「平昌五輪 2018総集編」特集号の取材で平昌に滞在中、実感したのはそんな思いだった。羽生結弦にまつわる、現地韓国の人々の姿、言葉を見聞きしてのことだ。

 平昌五輪は氷上競技が行なわれる江陵と、雪上競技が行われる平昌、大きく2つのエリアに分かれて競技が行なわれた。両地域はバスで約40分ほどの距離だ。

 メインプレスセンターがあるのは平昌。ホールのように大きな記者会見場をはじめ、飲食施設、そして執筆や写真の取り込み作業を行なうワーキングスペースなど、各国メディアの拠点となった場所だ。

 メインプレスセンターでは、総合案内、交通案内、テクノロジー関連の受付などで多くのボランティアスタッフが働いている。その中には日本語が話せるスタッフも少なくない。

 開会式を控えたある日、とある受付に立ち寄ると、若い女性ボランティアが日本語で話しかけてきた。

「羽生さんの演技、きれいだなって」

「羽生さんはどのような感じですか?」

 聞けば、羽生結弦が好きなのだと言う。

「映像でしか観たことがありません。羽生さんの演技を観ていると、きれいだなって思います。怪我したと知って心配です。大丈夫でしょうか?」

 彼女だけではなかった。別のボランティアスタッフもまた、羽生について話しかけてきたのである。

 羽生への関心の高さ、人気は昨年の2月、四大陸選手権を取材した際にも感じたことであった。あのときは地元韓国の人々のみならず、中国、さらには香港やシンガポールからも、羽生を観たくて駆けつけたファンが数多くいた。

【次ページ】 拍手、歓声、ボランティアまで……。

1 2 NEXT
羽生結弦
平昌五輪
オリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ