#sotaronbaBACK NUMBER

ハーデン&ロケッツ好調の理由。
NBAの“モーレイボール”って何? 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byJoe Robbins/Getty Images

posted2017/02/07 11:30

ハーデン&ロケッツ好調の理由。NBAの“モーレイボール”って何?<Number Web> photograph by Joe Robbins/Getty Images

ロケッツのエース、髭がトレードマークのジェームス・ハーデンは、2月19日開催のオールスターの先発メンバー。

選手も監督もGMも、リーグを代表する活躍ぶり。

 現状ハーデンはリーグMVP候補で、ダントーニはコーチオブザイヤー候補。

 他のチームが一生懸命スターを寄せ集めているのに対し、ロケッツはハワードというスターを1人失っているのにチームは前年度より大躍進。

 モーレイは最優秀GMに送られる、エグゼクティブオブザイヤー候補にもなりえる。

 冷ややかな目で見ていた地元記者達の中には、ロケッツの躍進とウォリアーズの完成度の高さを比べ、「ウォリアーズはどんなに守ろうとしても所詮止められない位レベルが高い。点の取り合いで競り勝てるチームの方が可能性がある。一番期待できるのはロケッツだ」という意見も出てきた。

バスケ界全体がスリーポイント主体の戦術へ。

 冒頭で賛否両論のチームとあえて書いたが、長年バスケットボールに携わってきた人程複雑な気持ちで彼らを見ているに違いない。信じてきたセオリーが崩れる瞬間でもあるからだ。

 しかし彼らの完成度の高さはもはや無視できるものでもなく、球界全体がスリーポイント主体の戦術に傾いていることこそが全てを物語っている。

 球界一の分析オタクGMと球界一の曲者スターと球界一偏ったオフェンスのみのHCが運命の出会いを果たした今季のロケッツ。

 常識やぶりの“モーレイボール”はどこまで進化し続けるのか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ヒューストン・ロケッツ
ダレル・モーレイ
ジェイムズ・ハーデン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ