ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

パッキャオ、メイウェザー時代終焉?
村田諒太が挑む次世代の「王」争い。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/04/29 10:40

パッキャオ、メイウェザー時代終焉?村田諒太が挑む次世代の「王」争い。<Number Web> photograph by AFLO

4月12日のブラッドリー戦を制し、2年ぶりの王座返り咲きを果たしたマニー・パッキャオ。1995年のプロデビューから20年が経とうとしている。彼の築いた時代は、いかに続き、そしていかに終わるのだろうか。

村田に近い階級に揃う、次代のスターたち。

 パッキャオ、メイウェザーの時代はいつか確実に終わりを告げる。それはひょっとすると目前に迫っている。となれば次のボクシング界を引っ張るのはだれなのか。メキシコのアルバレスやフリオ・セサール・チャベスJr、カザフスタンの倒し屋ゲンナジー・ゴロフキン……。いくつも挙がる名前は、いずれも村田に近い階級の選手、つまり村田の標的となるボクサーたちであり、日本の誇るゴールデンボーイが武者震いするのも当然なのだ。

 かつて“ザ・グレーテスト”モハメド・アリの時代があった。やがてシュガー・レイ・レナードを筆頭とする中量級が人気を博し、'90年代にはマイク・タイソンが一世を風靡した。

 オスカー・デラホーヤが21世紀の扉を開け、そのあとを受けたのがパッキャオであり、メイウェザーだった。盛者必衰は古今東西の理である。はたして2大スターは最後にどのようなファイトを我々に残し、グローブを壁に吊るすのだろうか。そしてどのような形で新たなスターにバトンタッチが行われるのだろうか。我々はいま歴史の転換点を目撃しようとしている。

関連記事

BACK 1 2 3
マニー・パッキャオ
ティモシー・ブラッドリー
ファン・マヌエル・マルケス
サウル・アルバレス
村田諒太
フロイド・メイウェザー
マルコス・マイダナ

ボクシングの前後の記事

ページトップ