野球クロスロードBACK NUMBER

新人王候補にとって鬼門の8月――。
先達が語る“夏場の乗り切り方”とは? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/07/23 12:45

新人王候補にとって鬼門の8月――。先達が語る“夏場の乗り切り方”とは?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

前半戦終了時点で15試合に登板し、7勝3敗、防御率1.41という安定した成績を残している野村祐輔(広島)。オールスターゲーム(第2戦)でも3回1安打無失点の好投を見せ、敢闘選手賞に選出。セ・リーグ新人王最有力候補と言われている。

昨年、澤村は不調からどう立ち直り新人王を掴んだのか。

 とはいっても、自らのルーティンを意図的に変えるのには勇気がいる。

 そんなときは思考を改める。

 巨人の澤村拓一がそうだった。昨年、夏場の不調時に自分を見つめ直したからこそ新人王を獲得できたのだ。

 前半戦は5勝7敗ながら、防御率は2.22と安定感を保持していたが、後半戦はスタートから躓き、7月末から8月まで1勝3敗、防御率3.34と勝てない日が続いた。しかし、この結果があったからこそシーズン終盤で成績を伸ばすことができた。それは、彼の言葉からも読み取れる。

「夏場に勝てないことに関して言い訳はしません。自分の力がなかっただけですから。正直、吹っ切れないときもありましたけど、『前向きに頑張っていこう』と初心に戻ってストレートで押していこうと決めました」

 8月終盤に差し掛かると、変化球のサインに首を振りストレートを投げるなど、澤村は持ち味を貫くようになった。その結果、9月以降に5勝を挙げ、シーズン2ケタとなる11勝をマーク。新人王となった。

 澤村のように、プロでの経験が少ないルーキーだからこそ、不調時の自分を真摯に受け入れ、持ち味を発揮するための手法を積極的に導き出さなければならないのだ。

 新人王候補である投手たちにとって鬼門とも言える8月。「プロ野球人生で一度しか獲れないタイトル」を手にできるか否かは、この時期の過ごし方、考え方で決まる。

関連記事

BACK 1 2 3
堂林翔太
野村祐輔
田島慎二
藤岡貴裕
益田直也
宮國椋丞
釜田佳直
武田翔太
澤村拓一
森内壽春

プロ野球の前後の記事

ページトップ