スポーツコラム 

最高年俸のAロッドは、“最高の選手”なのか?

SCORE CARD

最高年俸のAロッドは、“最高の選手”なのか?

今年もワールドシリーズで熱い戦いが繰り広げられている間に、各チームは来シーズンに向けて、本格的な準備に入っている。そこで… 続きを読む

出村義和Yoshikazu Demura

2007/11/01

結婚を告白した新王者棚橋弘至への期待。

SCORE CARD

結婚を告白した新王者
棚橋弘至への期待。

「実は結婚しておりました。嫁さんがいます。守るべき子供もいます」 ヒーローの一夜明け会見はいろいろあるが、10・8両国国技… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2007/11/01

絶好調の上田桃子が知った1打の怖さ。

SCORE CARD

絶好調の上田桃子が知った1打の怖さ。

上田桃子は、ロッカールームからなかなか出てこなかった。嗚咽が響いていた。まさに「1打に泣く」という言葉があてはまる試合だ… 続きを読む

三田村昌鳳Shoho Mitamura

2007/11/01

清原、松井稼を育てた名伯楽が西武を去る。

SCORE CARD

清原、松井稼を育てた名伯楽が西武を去る。

Aクラスを25年間続けていた西武が、今季ついにBクラスに転落した。最終戦終了後、今季限りでの退団が決まった伊東勤監督が花束… 続きを読む

永谷脩Osamu Nagatani

2007/11/01

世界選手権3位、女子フェンシングが躍進!

SCORE CARD

世界選手権3位、女子フェンシングが躍進!

ロシアのサンクトペテルブルクで行われていたフェンシングの世界選手権で、日本の女子がフルーレ団体で見事に銅メダルを獲得した… 続きを読む

藤山健二Kenji Fujiyama

2007/11/01

北京への切符を目指すバレーW杯が開幕。

NumberEYES

北京への切符を目指すバレーW杯が開幕。

11月2日、バレーボールのワールドカップ女子大会が開幕する。各大陸選手権の上位2チーム(アフリカは1チーム)、開催国の日本… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2007/11/01

クラブ野球が燃えている。

プロ野球偏愛月報

クラブ野球が燃えている。

9月7日から4日間、グッドウィルドームで行われた「第32回全日本クラブ野球選手権大会」を3日間見た。その戦いぶりは、非常に… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2007/10/31

イングランドが怯える、最大級の屈辱

Column from England

イングランドが怯える、最大級の屈辱

10月17日のロシア戦に敗れた(1−2)ことにより、イングランド代表はユーロ2008の予選Eグループを、自力突破する可能性を… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2007/10/31

From:ロンドン「熱と臭い。」

カンポをめぐる狂想曲

From:ロンドン「熱と臭い。」

火曜日と水曜日に続けてロンドンでCLの試合があった。アーセナルとチェルシー。スタジアムに足を運ぶと、両チームに昨季までと… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2007/10/30

いよいよ開幕。群雄割拠のNBAを制するのは?

NBAの扉を開け

いよいよ開幕。
群雄割拠のNBAを制するのは?

ハロウィンのジャックランタン(お化けかぼちゃの提灯)が街を彩るころ、NBAは新たなシーズンを迎える。今季の開幕は、日本時間1… 続きを読む

小尾慶一Keiichi Obi

2007/10/30

五輪出場を逃した男子代表。日本協会の迷走は続く。

NBAの扉を開け

五輪出場を逃した男子代表。日本協会の迷走は続く。

先月のことだ。 秋雨の中、都内某所で少人数のミーティングが開かれた。出席したのは、日本バスケットボール協会関係者、バスケ… 続きを読む

小尾慶一Keiichi Obi

2007/10/29

2部でも大注目を浴びた往年の名勝負。

Column from Germany

2部でも大注目を浴びた往年の名勝負。

1FCケルン対ボルシア・メンヘングラッドバッハの一戦と聞けば、70〜80年代のオールドファンには懐かしい響きが伝わってくる。66… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2007/10/29

日米を見たコーチが語るNBAの世界。

NBAの扉を開け

日米を見たコーチが語るNBAの世界。

先月、ドゥエイン・ケイシーが来日した。ケイシーと言えば、昨季までミネソタ・ティンバーウルブズのヘッドコーチ(HC)を務め… 続きを読む

小尾慶一Keiichi Obi

2007/10/25

日本フェンシングの大いなる挑戦。

北京をつかめ

日本フェンシングの大いなる挑戦。

10月7日、ロシアから、大きなニュースが飛び込んできた。フェンシング世界選手権の女子フルーレ団体で、日本が銅メダルを獲得し… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2007/10/24

ライコネン戴冠を生んだ巴戦の妙

今こそモータースポーツ

ライコネン戴冠を生んだ巴戦の妙

ハミルトン(107点)、アロンソ(103点)、ライコネン(100点)、3人による三つ巴のF1チャンピオン争いを制したのは… 続きを読む

西山平夫Hirao Nishiyama

2007/10/23

ラウールの真価。

チャンピオンズリーグの真髄

ラウールの真価。

1977年6月27日生まれの30歳。ラウールはつい4ヶ月前まで20歳代だった。この事実に違和感を持たない人は、どれほどいるだろうか。… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2007/10/23

ノーコメント

佐藤琢磨 グランプリに挑む

ノーコメント

「驚きました。最初のアタックでは14位だったかな、いいところにいたんだけれども、2回目のアタックではグリップ感がなくて滑っ… 続きを読む

西山平夫Hirao Nishiyama

2007/10/23

From:大阪「KY。」

カンポをめぐる狂想曲

From:大阪「KY。」

「空気が読めない」ことは、最近、特に非難されるような気がする。しかし、よく考えたらほとんどの人が読めてないのではないか。… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2007/10/22

トーリ退任で気になる「42番」の行方

MLB Column from West

トーリ退任で気になる「42番」の行方

10月19日、ジョー・トーリ氏がヤンキースの1年契約提示を拒否し、1996年に就任以来12年間続いた長期政権が遂に終焉を迎えた… 続きを読む

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

2007/10/22

代表にラウールは必要か。

Column from Spain

代表にラウールは必要か。

「以前はラウールの調子が良くないことをルイス(・アラゴネス=スペイン代表監督)も申し立てることができたけど、今現在のラウ… 続きを読む

鈴井智彦Tomohiko Suzui

2007/10/22

ページトップ