オフサイド・トリップBACK NUMBER

3バックは本当に復活するのか?
ザッケローニの次なる一手に注目。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/03/01 10:30

3バックは本当に復活するのか?ザッケローニの次なる一手に注目。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「(日本代表チームは)アジア杯で優勝しましたが、これは到達点ではありません。私の使命は日本サッカーの成長です。2014年のW杯ブラジル大会では世界のトップを争う実力のあるチームとして戦いたい」と2月21日には発言しているザッケローニ監督

 日本が4度目の優勝を飾ったアジアカップ。あれから3週間以上が経つが、得失点シーンやゲームセットの瞬間を別にすれば、プレス席が一番どよめいたのは、オーストラリア戦でザッケローニが最初に動いた場面だったと思う。

 後半11分、ザッケローニは攻撃的MFの藤本に替えてCBの岩政を投入。と同時に左SBの長友を前方に張り出させる。この結果、日本代表のシステムは岩政、吉田、今野の3人が最終ラインを形成する3バックへと変化した。

 たしかに巷では、システムは4-2-3-1のままで今野が左SBに回り、長友が前に上がっただけだという解釈もなされている。これはザッケローニの発言に負うところも大きい。彼は試合直後の記者会見で次のように説明したからだ。

「今野をアンカーの位置に置くことを考えたが、中盤のラインに入るのはちょっと不安があるということで、サイドバックに入れようと。そして長友を1つ前にずらすことにした。

 システムの変更はしなかった。FWやMFの選手を外してDFを入れた場合、受け身に入るという意図を相手に与えてしまうし、選手もそういう気持ちになってしまうので、4-2-3-1のままでいった」

アジア杯決勝後半でシステムを変えたザックの意図とは?

内田は長友ほど前目には上がらず、ウィングバックとサイドバックの中間のようなポジションをとっていた。だがその内田にしても、後半はカウンターを開始する位置とタイミングが前半より大きく改善された

 しかしプレスボックスから眺めたピッチ上の図は、前半とは明らかに異なっていた。

 DFは岩政、吉田、今野の3枚。中盤の底には遠藤と長谷部の2ボランチが並び、その両脇には長友と内田がウィングバックとして張る。そして前方には岡崎と本田の攻撃的MFと、1トップの前田が並ぶ3-6-1(3-2-2-2-1)。これこそが、オーストラリア戦後半の基本陣形に他ならない。

 布陣が3-6-1へ変化したことを裏付ける材料は、他にもいくつか挙げることができる。意外なようだが、当のザッケローニのコメントもその一つだ。

 彼は例の選手交代を行った状況について「中盤を厚くすることをまず考えた」と証言している。これは決勝の翌日に行われた1時間に及ぶ記者会見でも変わらなかった。

「向こうはフィジカルの状態が良かったから、うちが走力でカバーするのか、人数でカバーするのかは別にして、いずれせよ中盤に人が必要だった」

 単純に考えて、システムが4-2-3-1のままで、個々の選手のポジションが入れ替わっただけならば、中盤の人数は「2+3」の5枚のままで変わらない。3-6-1にしなければ、中盤の数的優位を確保することはできなかったはずだ。

 日本代表のシステムが変化したことは、長友のポジション取りの変化からもうかがえる。

 後半、前目の位置に上がった長友は、前半4-2-3-1の「3」の左側をこなしていた岡崎よりも、明らかにワイドに開いた位置で構えるようになった。理由は簡単。4-2-3-1の攻撃的MFと、3-6-1におけるウィングバックでは、ピッチ上で物理的に確保できる幅が違うからだ。以後、長友はウィングバックとして幾度となくカウンターの起点となり、最終的にはゲームのキーマンになっていった。

【次ページ】 “3-6-1”の採用はチームづくりのキーポイントに。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アルベルト・ザッケローニ

ページトップ