競馬PRESSBACK NUMBER

世界各国で経験を積んだ田中博康。
騎手から調教師へ、目標は凱旋門賞。

posted2018/07/20 16:30

 
世界各国で経験を積んだ田中博康。騎手から調教師へ、目標は凱旋門賞。<Number Web> photograph by Photostud

2017年2月、田中博康は騎手仲間や関係者に囲まれ騎手引退セレモニーを行った。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Photostud

 今年3月に厩舎を開業したばかりの田中博康調教師が、順調な滑り出しをみせている。

 7月20日現在の勝利数は4。今年、関東でデビューした調教師の中では最も多い勝ち星だ。

 1985年12月5日生まれのまだ32歳。中学3年生だった2000年5月28日、偶然見たテレビが、彼の人生の岐路となった。

「日本ダービーでアグネスフライトとエアシャカールが直線で激しい叩き合いを演じたレースでした」

 この1戦で競馬に魅了された彼は騎手に憧れた。

 高校に進学したが騎手への憧れはますます強くなるばかり。1年生の時点で競馬学校を受験したが不合格。それでも2年生の時に再度受験。

 今度は合格すると、高校をあと1年で卒業できるタイミングで退学し、競馬学校に入学した。

4年目にGIで優勝したが……。

 3年間の競馬学校生活を終えた彼が騎手デビューを果たしたのは'06年。美浦・高橋祥泰厩舎からデビューした。

 1年目こそ4つしか勝てなかったが、慣れてきた2年目は若手騎手に与えられる負担重量の減量も武器に44勝。「乗れる若手」と言われるようになった。

 そして4年目の'09年。まずはシルクメビウスでGIII・ユニコーンSを優勝し、自身初の重賞制覇を飾る。さらに11番人気で単勝77.1倍という伏兵クィーンスプマンテを駆って見事にエリザベス女王杯を逃げ切り勝ち。自身初のGI優勝となった。

「僕にとって初めてGIを勝たせてくれた馬だし、その直後には香港遠征(GI・香港カップ10着)も経験させてもらいました。関係者とクィーンスプマンテには感謝しかありません」

 ところが真面目な彼はGIジョッキーとなったことでより責任感やプレッシャーを感じるようになったのか、以前ほど勝てなくなってしまう。翌'10年はデビュー年を除けば最低となる13勝に終わってしまったのだ。

【次ページ】 乗り替わりを機にフランス修行へ。

1 2 3 NEXT
田中博康
クィーンスプマンテ

ページトップ