メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

打者・大谷翔平の復帰を急いだ理由。
エンゼルス打線で際立つ勝負強さ。

posted2018/07/04 17:00

 
打者・大谷翔平の復帰を急いだ理由。エンゼルス打線で際立つ勝負強さ。<Number Web> photograph by Getty Images

大谷翔平がまずはバッターとして帰ってきた。あの雄大なホームランを何度でも見せて欲しい。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

Getty Images

 大谷翔平は、エンゼルスの「救世主」になれるのだろうか。

 こんなにも苦戦しているチームの調子が、たった1人の選手の活躍だけで急上昇するとは思えないが、エンゼルスは「打者・大谷」を「投手・大谷」の犠牲にはできないと考えている。

 PRP注射は以前のコラムにも書いた通り、「自己治癒を促進させる」治療法である。

「打者・大谷」が活躍する中で右肘の状態が良くなって「投手・大谷」が復活する可能性が出てきたら、それはその時のこと。エンゼルスはとりあえず、「打者・大谷」の打力を求めている。

 それはもちろん、「打者・大谷」がチームにとっての大きな武器になるからだ。

 まず、「打者・大谷」は走者を置いて打席に立つと、とても手強い打者になる。とりわけ得点圏(二塁か三塁、もしくはその両方)に走者を置くと「打点量産マシーン」に変貌する。

重要な場面ほど大谷は厄介な打者になる。

 さらに大谷はアウトの数が増えれば増えるほど、簡単にはアウトにならない=相手投手に球数を投げさせる打者になる。

 打者としての出場がわずか34試合とサンプル数が少ないことを承知で書くと、大谷は走者を置いた打席で49打数16安打、打率.327、出塁率.400、長打率551と好成績を残している。つまり、33安打の半分近くが走者を置いた打席で生まれているということだ。

 さらに走者が得点圏にいる打席では、24打数10安打、打率.417、出塁率.517、長打率.833と「勝負強さ」を発揮し、20打点の内、16打点を稼ぎ出している。

 大谷は二死走者なしで20打数7安打、打率.350、出塁率.350、長打率.750と「簡単にはアウトにならない打者」になる。

 二死一塁では9打数2安打、二死二塁では3打数2安打、二死一、二塁では4打数3安打、二死二、三塁や満塁では2打数2安打と数字は上がっていく。

 二死で走者が得点圏にいる場面で打席に立てば、10打数7安打で打率.700、出塁率727、長打率1.700(!)、2本塁打11打点と手が付けられなくなる。

【次ページ】 大谷が離脱して以降、チームは苦戦。

1 2 3 NEXT
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

ページトップ