野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

ロッテの挑発ポスターへの反応は?
「つば九郎の方が」「妬み?」

posted2018/06/21 07:00

 
ロッテの挑発ポスターへの反応は?「つば九郎の方が」「妬み?」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

ロッテの交流&挑発ポスター。完全に初夏の名物として定着しつつある。

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 さて、交流戦もオシマイである。

 14年目となったセ・パ交流戦。今年は7連勝したヤクルトが12勝6敗で最高勝率を確定させるも、それ以外で貯金があるチームはやっぱり全部パ。

 通算勝率.627、貯金78のハードバンクシリーズとしているホークスを筆頭に、今年は山賊が出るとまで脅かされたセ・リーグはいつにも増して戦々恐々。そんななか、今年もこの交流戦を迎え、どこかイキイキとしていた球団がありました。

 その名は千葉ロッテマリーンズ。

 交流戦通算165勝139敗14分。'05年の初代チャンピオンにして、8度の勝ち越しを誇る交流戦の雄。毎年交流戦が来ればイキイキと息を吹き返すこのチーム(去年は除く)、そのウキウキ感は'05年からはじまったマリーンズ名物、挑発ポスターからも見て取れようというもの。

「いや、随分と挑発してきました」

 それでは同球団の挑発担当(そんな役職あるのか)の方に、過去の作品を振り返ってもらいました。髪型もやや長髪気味です。

(挑発さん)「そもそもこの挑発ポスターがはじまったのは、話題性を提供し、SNSの拡散などで多くの人に見てもらうことを目的とし、'05年度に新規参入した東北楽天との開幕戦シリーズでスタートしました。そうそう。『東北に 春が来るのは、おそい』『パリーグの主役、3月まで ご苦労様でした』などですね。懐かしいですねー。

 その後、挑発は交流戦ポスターへと移行して'08年までの4シーズン、劇画を使ったり、あの手この手で挑発をし続けましたが、やっているうちに『新鮮さが落ちた』という判断がなされまして、'09年から'12年まで休止することになりました。

 ただその間に『挑発ポスターを復活してください』という欲しがる声もありまして、'13年から再開致しました。'15年には地元のプロレスラーを起用し、'16年はCGを駆使したロボット「非交流戦士マジワラン」で、クルーズを狙い撃ちした巨人のウサギ型ロボットに踵落としを喰らわせ、去年は4コマ漫画でしたね。

 過去14年で10回。いや、随分と挑発してきました。いまではおかげさまで、マリーンズの風物詩として定着し、挑発された側のセ・リーグファンのお客さんたちからも『もっと挑発してください!!』『今年はどんな挑発をしてくれるんですか???』と、瞳を潤ませながら、大いに喜んでいただいている次第です」

【次ページ】 イメージは“ジャーン ジャーン”。

1 2 3 4 5 NEXT
千葉ロッテマリーンズ

ページトップ