オリンピックPRESSBACK NUMBER

世界卓球決勝に見た「中国の壁」。
日本女子はいつ越えられるのか? 

text by

高樹ミナ

高樹ミナMina Takagi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/05/14 08:00

世界卓球決勝に見た「中国の壁」。日本女子はいつ越えられるのか?<Number Web> photograph by AFLO

打倒中国こそ果たせなかったものの、今回の世界卓球でも強さを見せた日本。平野美宇らの成長はこれからも続く。

競り合い、デュースからの強さ。

 また、今大会でも中国は競り合いの場面、特にデュースからが強かった。ただ唯一、サーブとレシーブで先手を奪えた伊藤は、フルゲームの8-10でマッチポイントを握られてから4連続得点を奪い、大逆転に成功している。

 本人が「自分のサーブだったのでチャンスはあると思った。あとはレシーブで1本取れれば大丈夫だと思った」と話している通り、サーブとレシーブに自信があったからこそ競り合いを制することができたのだ。

 競り合いの場面であと一歩及ばなかったのが平野だった。まず2番手の丁寧とは第2、3ゲームでデュースとなり、いずれも落としてストレート負け。4番手のリュウ・シウェンとも第3ゲームで先にゲームポイントを握ってから4連続ポイントでデュースに追いつかれると、さらに2ポイントを落として逆転され、ストレート負けを許した。

 平野も丁寧が窮地で繰り出すしゃがみ込みサーブの回転によく対応し、最後まで得意のチキータレシーブで攻めの姿勢を見せたが、デュースからの丁寧は平野のミドルを絶妙に突く3球目攻撃や、わざと打たせてカウンターを浴びせる巧妙な戦術で平野のミスを誘った。リュウ・シウェンもミドルを上手く使い、平野の武器であるロングサーブも読み切った強打でレシーブポイントを挙げた。

「中国人選手の戦術は細かい」(平野)

 これらのプレーで見えてくるデュースになってからの中国の強さは、自分の得意な技をいかに出すかよりも、相手の嫌がることを徹底的にする、という点にある。

 平野も言う。「中国人選手の戦術は細かい。自分も技術はわるくないと思うが、そういうところで負けないようにしないと中国に勝つことはない」と。

 東京2020五輪で打倒中国、そして金メダル獲得を誓う日本。それまでに中国にリベンジするチャンスは、東京で開催される2019年チームワールドカップと韓国釜山で開催される世界卓球2020団体戦しかない。そこで何としても立ちはだかる中国の壁を越え、大目標である五輪での金メダルという悲願を成就させたい。

関連コラム

BACK 1 2 3
伊藤美誠
平野美宇
石川佳純
東京五輪
オリンピック

ページトップ