酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

1000奪三振の則本昂大、実は……。
新たな投球術を示すデータの存在。

posted2018/04/12 16:30

 
1000奪三振の則本昂大、実は……。新たな投球術を示すデータの存在。<Number Web> photograph by Kyodo News

日本の誇る奪三振王、則本昂大。その則本が三振以外の投球術を身につけたとしたら……。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大は、4月6日のソフトバンク戦で内川聖一から空振り三振を奪い、1000奪三振を達成した。

 プロ野球史上147人目だ。さして珍しい記録ではない。

 アメリカじゃ大谷翔平がアメコミのヒーローも真っ青の大活躍をしてるじゃないか、なんでそんな小さな記録の話をするんだ、と言われそうだが、記録マニアとしては、見逃せない。

 則本昂大は今、進化しようとしている。それが数字からうかがえるのだ。

 そもそも、則本の1000奪三振のペースは尋常のものではない。

 NPB史上147人いる1000奪三振選手のK/9(9イニング当たりの奪三振数)を見ればそれがはっきりわかる。※は現役。数字は4月8日現在。

1   藤川球児    11.70 (814.2回1056奪三振)※
2   野茂英雄    10.31 (1051.1回1204奪三振)
3   則本昂大    9.39  (963回1005奪三振)※
4   杉内俊哉    9.28  (2091.1回2156奪三振)※
5   伊良部秀輝   8.97  (1286.1回1282奪三振)
6   ダルビッシュ有 8.87  (1268.1回1250奪三振)
7   石井一久    8.84  (2153.1回2115奪三振)
8   松坂大輔    8.70  (1408.2回1362奪三振)※
9   田中将大    8.47  (1315回1238奪三振)※MLB
10 メッセンジャー 8.46  (1368.2回1287奪三振)※

 最近の投手ばかりだ。今どきの投手は速球だけでなく、フォーク、スライダー、チェンジアップなど空振りを奪える球を持っているので、三振でアウトカウントが稼げるのだ。

 1位は救援投手の藤川球児。2位、3位に先発投手の野茂、則本。これだけを見ると、そうか、則本は野茂英雄に次いですごいんだな、と思うかもしれないが、そうではない。

 この10人のK/BB(三振をいくつ取る間に四球を1つ出すか)を比べるとこうなる。

1   田中将大    4.50 (1238奪三振275与四球)
2   則本昂大    4.15 (1005奪三振242与四球)
3   藤川球児    4.01 (1059奪三振264与四球)
4   ダルビッシュ有 3.75 (1250奪三振333与四球)
5   杉内俊哉    3.51 (2156奪三振614与四球)
6   メッセンジャー 2.99 (1287奪三振431与四球)
7   松坂大輔    2.69 (1362奪三振507与四球)
8   伊良部秀輝   2.30 (1282奪三振558与四球)
9   石井一久    2.25 (2115奪三振941与四球)
10 野茂英雄    2.05 (1204奪三振588与四球)

 奪三振が多くても、このK/BBの値が小さい投手は、いわば稼ぎ屋の浪費家だ。派手に三振を奪うから羽振りは良さそうだが、走者を出すから家の中は火の車というイメージだ。

 則本は楽天の先輩の田中将大と同様、稼ぎ屋だが倹約家なのだ。チームにとってはこれほど頼りになる投手はいない。

【次ページ】 則本が昨年進化した「次の次元」。

1 2 3 NEXT
則本昂大
東北楽天ゴールデンイーグルス

ページトップ