Information

角幡唯介、待望の冒険ノンフィクション『極夜行』完成!
刊行記念トーク&サイン会を2月9日(金)に開催!

posted2018/01/18 15:00

 

 あらゆるノンフィクション賞を受賞している探検家の角幡唯介さんの、4年にわたる壮大な旅が完結、単行本となって皆さんにお届けする日が来ました。

 角幡さんの人生をかけた新しいテーマは、「極夜」でした。極夜とは、冬の極地における太陽の昇らない長い期間のことです。探検家にとって未知の空間を見つけることが困難となったいま、極夜を数カ月旅することは、まだ誰も成し遂げていない“未知”の部分だったのです。

 角幡さんは、そこに行って太陽を見ない数カ月を過ごした時、自分が何を思い、どのように変化するのを経験したかった。シオラパルクという世界最北の小さな村に暮らす人々に助けてもらいながら準備をし、ひとりで数十キロの橇を引いて探検に出ました。相棒となる犬、ウヤミリックを一匹連れて。

 今回のトークショーは、2014年1月に出会ったウヤミリックとの話がテーマです。しつけに苦労しながらも愛情が芽生え、毎年ウヤミリックと旅をしました。深い愛があっても、非常事態では予想もしなかった感情が角幡さんに芽生えました。本作のキーとなる部分です。ウヤミリックとの旅の映像を見ながら“楽しい”お話をしていただける予定です。

(Peatixのサイトにリンクします)

トークショー詳細

角幡唯介が語る「僕と愛犬ウヤミリックの極夜の探検」

日時:2月9日(金) 19時~21時 (18時30分会場)
場所:文藝春秋西館地下ホール
入場料:2000円

当日書籍の販売をいたします。

書誌データ

『極夜行』 角幡唯介・著

定価:本体1750円+税
発売日:2月9日(金)
刊行:文藝春秋

書籍の詳細はこちらから
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163907987 (文春BOOKS)

ページトップ