清水直行の名言 

今日の名言 

選手はデータを処理する機械じゃない。自分が経験の中で培ってきたフィーリングも大事だし、役立つこともある。

清水直行(プロ野球)

2017/09/19

2005年、阪神との日本シリーズ第1戦で先発したロッテの清水は、バレンタイン監督がデータ野球を志向していたこともあって、「普通の量ではない量の、分厚い資料」を渡されたという。データの重要性を理解しつつも、「ただいくらデータを集めても、すべての状況に対応できるわけじゃありません」と、感覚も重視している。「ボビー(監督)のえらいところは、そういうぼくらからのフィードバックに聞く耳を持っていることですね」

Number644号(2005/12/27)

ページトップ