オリンピックへの道BACK NUMBER

バド奥原、レスリング文田の世界一。
最大のライバルが国内にいる好循環。

posted2017/09/03 08:00

 
バド奥原、レスリング文田の世界一。最大のライバルが国内にいる好循環。<Number Web> photograph by JMPA

悲願の金メダルを手にした奥原。リオ五輪準々決勝では山口との日本人対決を制している。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

JMPA

 ここ最近行なわれた世界選手権などの国際大会で、いくつもの快挙が生まれた。

 レスリングの世界選手権ではグレコローマン59kg級の文田健一郎が優勝した。得意技のそり投げは世界中の選手からマークされ、誰も胸を合わせたがらないほどの切れ味を持つ。警戒される中でも初戦から順調に勝ち上がっての金メダルだった。

 グレコローマンはそのルールから、フリースタイル以上に日本が苦しんできた種目で、世界選手権では1983年の江藤正基、オリンピックは1984年ロサンゼルス五輪の宮原厚次以降、優勝者はいなかった。久しぶりのグレコローマンでの王者誕生となった。

 さらにバドミントンの世界選手権の女子シングルスでは、奥原希望が世界選手権、オリンピックを通じて日本初の金メダルを獲得した。

 準々決勝でリオデジャネイロ五輪金メダルのカロリーナ・マリンを破り、決勝では、リオの準決勝で敗れた銀メダリストのシンドゥ・プサルラを相手に約1時間50分の死闘を繰り広げての優勝だった。

強烈な「ナンバー2」以降の存在が競争を激しくする。

 文田、奥原ら、今夏の活躍に共通するのは、強烈な「ナンバー2」が国内にいることだ。いや、ナンバー2のみならず国内の競争が激しいことだ。

 グレコローマン59kg級には、リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得した太田忍がいる。

 文田と太田は互いを好敵手としてしのぎを削ってきた。世界のトップを狙うという意欲も互いに強い。文田は「太田さん以外には世界の誰にも負けるわけにはいかない」と言葉にするくらい太田をライバルとして意識し、だから太田以外には勝たなければいけないと強く決意してきた。

 奥原の場合はどうか。故障に苦しんでいるさなか、山口茜が台頭し、国内外で活躍を見せた。奥原はその時期を振り返り、こう語っていた。

「日本の女子シングルスの先頭に立って、引っ張る立場でいたいのに、そこにいられないもどかしさがありました」

【次ページ】 強烈なライバル関係を生み出した、強化の成功。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
奥原希望
文田健一郎

ページトップ