野球善哉BACK NUMBER

「天理史上最高の主将」が監督に。
元プロ・中村良二は超自由主義。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/08/11 11:00

「天理史上最高の主将」が監督に。元プロ・中村良二は超自由主義。<Number Web> photograph by Kyodo News

近鉄、阪神のプロ生活と天理大での指導を経て、母校の監督に就任した中村。指導者として戻ってきた甲子園でどのような采配を見せるだろうか。

木陰で休んでいた天理ナインに、ある監督が……。

 その裁量の大きさに、他校からは不思議がられたこともある。

 夏の甲子園本大会の最中のことだ。

 高校のグラウンドでの割り当て練習が終盤に差し掛かり、主力選手の多くが木陰で休んでいた。もちろん、指導者の許可があってのことだ。

 すると、天理の後に割り当て練習をする伝統校がやって来た。「ピッ!」という笛の合図と共に選手がバスから降りてきて、笛の合図で整列、グラウンドに入ってくるような統率の取れた学校だった。その伝統校の監督は木陰で休む天理ナインをみると「こんなの高校野球じゃねぇ」と憤慨したそうだ。

 それでも当時から画一的な形ではなく、独自性を大切にしていたのが天理だった。そして中村は現役時代に受けた指導を自身も体現しようとしている。

「目標は当然、甲子園に出て勝つこと。(春夏通じて)4本目の優勝旗を持って帰りたいという思いがあります。もちろん子どもたちには優勝するための練習をしようと言っています。でも、応援してもらえる高校、選手じゃないとダメだという話もしています。学校生活、私生活、寮生活にしても“あれをしてはいけない、これは駄目だよ”と僕らに言われて我慢するんじゃなくて、自分たち発信で“これはしてはいけない、でも、こういうことはやっていこう”というのを見つける。言われたことをやるのではなくて、自分たちで言いに来る自己責任が持てるチームが目標です。それが天理らしさだと思っています」

優勝旗の重みを覚えている指揮官は甲子園でどう戦う?

 もちろん指導の中には、プロを経験したエッセンスもある。中村をはじめ、チームには臨時コーチとして近鉄・ダイエーなどで活躍した山崎慎太郎氏が帯同している。

「甲子園優勝旗を持たせてもらって、いまだに優勝旗の重みは覚えているんです」

 甲子園優勝を果たし、「天理高校史上最高のキャプテン」とまで言われた元プロの中村が母校を率いて、甲子園でどんな戦いを見せてくれるのか。とくと注目してみたい。

甲子園ライバル伝説。

Sports Graphic Number 933

甲子園ライバル伝説。

田中将大/ダルビッシュ有
筒香嘉智/大谷翔平
松井秀喜/清原和博
47都道府県ライバル対決
【高校野球を終えて】 清宮幸太郎「追い求めたものは」

定価:(本体546円+税)目次ページへ

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
天理高校
中村良二

ページトップ