メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

メジャーで空前絶後のHR時代到来?
それでも偉大なルースらの本数とは。

posted2017/07/31 11:00

 
メジャーで空前絶後のHR時代到来?それでも偉大なルースらの本数とは。<Number Web> photograph by AFLO

ヤンキースの新人アーロン・ジャッジは前半戦だけで30本塁打を放ち両リーグトップ。オールスターのHR競争でも優勝した。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

AFLO

 メジャーリーグは今、何度目かのホームラン全盛時代に突入している。Sportsnet Statsによると、今季前半に記録された計3343本塁打は、過去最多だった2000年前半の3312本塁打を上回ったらしい。

 パフォーマンス向上薬品は別にして、選手のトレーニング方法が飛躍的に進歩を遂げた、バットからの飛び出し角度が変わった、ボールそのものが飛ぶようになった、昔に比べると球場が小さくなったなど、本塁打量産の理由も盛んに議論されるようになった。それはそれでいい。大事なのはホームランという記録が今一度、注目されるようになったことだろう。

 7月17日、ワシントン・ナショナルズのライアン・ジマーマンが、通算235号本塁打を放った。それは1969年創設の前身モントリオール・エクスポズ時代からの球団記録を破る新記録だった。

 ジマーマンは試合後の会見で、こう言っている。

「この記録は同じチームに長くいないと達成できない。エクスポズやナショナルズのどの選手よりも打っているってのはいいね」

移籍が日常茶飯事で同じ球団で長くプレーしづらい。

 FA制度や年俸調停制度が洗練されているお陰で、メジャーリーグでは同じ球団で長くプレーするのが難しい。ジマーマンは「チームの主砲」ではあっても一度も本塁打王になったことのない選手であり、球団記録の更新は彼の言う通り、彼が2005年のドラフト1巡目(全体4位)指名でナショナルズに入団して以来、他球団へ移籍することなく同じチームで長くプレーしているから達成できた記録である。

 ジマーマンが記録した通算235本塁打は「選手が同一球団で放った本塁打」記録では28位に相当する(買収などで経営母体が変わっても、本拠地を引き継いでいる場合は同一球団とみなす)。彼の前には現役選手が何人か名を連ねており、彼らは現在も同記録を更新中である。「球団別」の最多本塁打記録24位はブルワーズで、ライアン・ブラウンが通算297本塁打(以下7月25日時点)で更新中だ。同25位はレイズでエバン・ロンゴリアが255本塁打で更新中。そして27位はマーリンズで、イチローの同僚ジャンカルロ・スタントンが240本塁打で更新中だ。

 最少のパドレスなどは163本塁打であり、すぐにでも破られそうなものだが、同球団で161本塁打を記録してパドレス史上2位となったエイドリアン・ゴンザレス(現ドジャース)を見ても分かるように、才能ある選手をすぐに手放すことで有名だから、今後もしばらく更新されないかも知れない。

【次ページ】 アーロン、ルース、メイズと偉大な名前が並ぶ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ベーブ・ルース
ライアン・ジマーマン
ワシントン・ナショナルズ

ページトップ