バスケットボールPRESSBACK NUMBER

川崎・篠山竜青に涙を流させたもの。
Bリーグの成功を象徴する男の1年間。

posted2017/06/08 07:30

 
川崎・篠山竜青に涙を流させたもの。Bリーグの成功を象徴する男の1年間。<Number Web> photograph by Kyodo News

篠山竜青は、昨年まで決して得点の多いタイプのPGではなかった。1年で見違えた彼の成長は、数あるBリーグ効果の1つであろう。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 勝った者が偉い。それがスポーツ界の常識だ。

 しかしプロリーグが始まった意義は、負けたチームにスポットライトがあたることではないだろうか。

 敗戦の理由はどんなもので、敗者の魅力はどこにあったのか――。

 川崎ブレイブサンダースと栃木ブレックス、Bリーグの初代王者を懸けてファイナルを戦った2チームには、共通点がある。

 まず、Bリーグ開幕後初の天皇杯で、ともに優勝候補でありながら頂点に立てなかったこと。

 そして忘れてはいけないのは、開幕戦の敗戦からシーズンをスタートさせたということだ。

 とりわけ、昨シーズンのNBL王者だった川崎の場合は、三遠ネオフェニックス相手に2連敗を喫する波乱の幕開けだった。このときは選手だけのミーティングを開き、そこで出された意見をキャプテンの篠山竜青が北卓也ヘッドコーチに伝え、開幕早々に、チームはその後の戦いにつながる大きな分岐点を迎えた。

 今回のファイナルは、敗戦を糧にできるプロチーム同士の対戦だった。面白くならないわけがない。

井上雄彦氏も、篠山竜青の健闘を称賛。

 とりわけ川崎のファイナルに至る戦いぶりを見れば、プロリーグが出来た意義が確かに感じられる。

 その象徴が、篠山だ。キャプテンにして、ポイントガード(PG)。栃木の象徴、田臥勇太と同じ立場にいた選手だ。

 実際はチャンピオンシップ(CS)のMVPには古川孝敏が選ばれたが、もしも川崎が勝っていれば、篠山が選ばれただろう。漫画『SLAM DUNK』の作者である井上雄彦氏も、ファイナルのあとにわざわざSNSで彼の健闘を称えていた。

 CS6試合のうち、チーム最多得点が3試合。守備ではPGとして最初にスイッチを入れ、ゲームメイクをしながら、これだけの数字を残した。

【次ページ】 3Pが49%入っていた、3シーズン前の自分。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
川崎ブレイブサンダース
栃木ブレックス
Bリーグ

ページトップ