松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹、苦しかったマスターズ。
最終日のベストスコア67でも……。

posted2017/04/10 14:50

 
松山英樹、苦しかったマスターズ。最終日のベストスコア67でも……。<Number Web> photograph by AFLO

松山英樹にとってのマスターズは、パットに苦しめられ続けた4日間だった。それでも来年の出場権を確定する11位に入り、力の片鱗は示した。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

AFLO

 3日目の18番で、2オンしながら4パットしてダブルボギー。魔の54ホール目に落胆し、「チャンスはない」と下を向いた松山英樹。首位と10打差の28位タイで迎えた最終日、世界4位の強者は何を想いながら1番ティに立ったのか。その胸の内を想像しながら、彼の最後の18ホールを眺めた。

 1番を慎重にパーで発進すると、パー5の2番では見事に2オンしてバーディーを先行させた。だが、3番では短いバーディーパットを外し、5番では長いバーディーパットがカップに入りそうで入らなかった。6番(パー3)はグリーンを捉えながら3パットしてボギー。苦悩し続けてきたパットは、どうやら今日も上向いてはいない。

 そう思った矢先、7番では左ラフからピン3mに付け、これをスルリと沈めてバーディーを奪った。この3日間、7番は「鬼門」だった。初日は左の林の外へ、2日目は右の林へと曲げてリカバリーもできず、どちらもダブルボギーを叩いた。3日目もグリーン周りでもたついてボギー。

「状態が悪いんで、無理したくなるところでミスが出ている」

 その1つがこの7番だったが、最終日にしてようやく攻略。それが「潮目」になってくれるのではないか。思わず、そう念じた。

優勝争いの蚊帳の外では、運は問題ではない。

 パー5の8番。ティショットはやけに飛んでいた。2打目は木に当たってグリーン左手前のパインストロー(松の枯れ葉)の絨毯の上へ。せっかくのビッグドライブは、そんなアンラッキーで打ち消されたが、そこからのチップショットはピンフラッグにガツンと当たった。しかし、カップに入りかけて入らず、ボールはカップの真横にとどまった。

 木に当たったことはアンラッキー。だが、ピンフラッグに当たったことはラッキーか、アンラッキーか。

 もしもそれが優勝争いの真っ最中だったら、そんなことを取り沙汰したりもしていたのだろう。しかし、優勝争いの蚊帳の外では、もはや運不運を問うこともない。

【次ページ】 ショットは徐々に上向いてきたが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
松山英樹

ページトップ