松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹の、記念すべき全米プロ。
4位より、やっと戻った笑顔を喜ぶ。

posted2016/08/02 11:40

 
松山英樹の、記念すべき全米プロ。4位より、やっと戻った笑顔を喜ぶ。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

松山英樹は、不調だと表情が動かなくなり、口数が減る。この笑顔が、彼の復調を雄弁に物語っているのだ。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

 雷雨中断の影響で不規則進行になり、最終日は36ホールを回ったバルタスロールの全米プロ。その4日間を終えたとき、松山英樹の立ち位置は首位から5打差の4位タイになっていた。

「松山、メジャー自己最高の4位」

「松山、メジャー初優勝ならず」

 日本のメディアには、瞬く間にそんな見出しが躍った。

 その通り。確かに、松山はメジャー初優勝の可能性が十分にある首位と4打差の好位置で最終ラウンドを迎え、そしてメジャー初優勝を逃した。確かに、4位は彼にとってメジャー大会における最高位となった。

 それは確かに、素晴らしかった。しかしその数字や結果より、松山に彼らしいゴルフと笑顔が戻ったことのほうがうれしかった。「優勝ならず残念」より「ああ、良かった」と思わず胸を撫で下ろした。

 その安堵感は、最終結果が4位ではなく3位だったとしても5位だったとしても、その数字とは無関係に感じたものだったのだと思う。

 松山英樹らしさのカンバック。ただただそこに、ほっとした。

練習では自信満々、試合が終わるころにはなくなる。

「悔しいのもある。でも4日間、久しぶりにいいプレーができたことがうれしかった」

 この言葉が、彼の胸中をそっくりそのまま物語っていた。

 6月上旬のメモリアル・トーナメントで予選落ちを喫してからというもの、彼の成績は低迷し続けていた。全米オープンでも予選落ち。予選落ちがない世界選手権シリーズのブリヂストン招待は42位に終わり、続く全英オープンでも予選落ち。メジャー優勝云々より何より、松山は予選さえ通らなくなっていた自身の状況に「なぜ?」と自問し続け、苦しんでいた。

 球が打てなくなるようなスランプとは違う苦悩だった。「練習では自信満々になって出て行く」のだが、試合になると、ちょっとしたことから負の連鎖が広がっていき、「自信がどんどん無くなって、ラウンドが終わるころには、ほとんど無いぐらいになる」。そんな現象が続いていた。

【次ページ】 予選突破に珍しく「結構うれしい」と吐露。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
松山英樹
勝負を決める108mm
全米プロゴルフ選手権

ページトップ