#sotaronbaBACK NUMBER

最後のオールスターを見逃すな!
コービーがレブロンに伝えたいこと。

posted2016/02/10 11:00

 
最後のオールスターを見逃すな!コービーがレブロンに伝えたいこと。<Number Web> photograph by Getty Images

2013年のオールスターでのコービーとレブロン。コービーのラストシーズンで、“キング”の「三度目の正直」は実現するか?

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 NBAも早くもシーズン折り返し、ということで、現地2月14日にトロントで初開催(アメリカ国外で初)されるオールスター。アメリカ最大のスポーツイベントNFLスーパーボウルが終了後、全てのスポーツファンが目を向ける恒例のお祭りですが、今年は初開催のお祝いと同時に最後のお別れも行われます。

 昨年11月に、今季限りの引退を表明したコービー・ブライアントの最後の球宴となるのです。

 いまさらコービーのことを説明する必要はありませんが、今回でなんと18度目のオールスター出場となります(NBA史上2位)。18年連続はNBA記録、スターターに選ばれた回数16度も記録です。37歳、キャリア20年目となる“生きるレジェンド”の最後のシーズンは、ここまで平均得点16.4、シュート率35.3%と決してオールスターに選ばれる数字ではありません。しかし、全世界のファンが彼に投票し、2位のステフィン・カリーに287,289票もの大差をつけ1,891,614票を獲得。堂々の1位に輝きました。

オールスターに出られないと考えていたコービー。

 彼と共に選ばれた、ケビン・デュラント、ラッセル・ウエストブルックやドウェイン・ウェイドも皆、「コービーがオールスターに選ばれるのは当然。彼と同じコートに立てて光栄」と言っています。

 本人も昨年末の中間発表を見た時の驚きをインタビューでこう伝えています。「朝、コーヒーを買いながら給油して、何気なくインスタをチェックしたら、ファン投票の数字が上がっていて、びっくりしたよ。ショックどころじゃなかった」

 誰よりも競争意識の高い彼には、今まで人気だけでなく実力でオールスターの出場資格を勝ち取ってきたという自負があるでしょう。ですから、今シーズンの数字を考えて自分はオールスターに値しないと感じていたのかもしれません。しかし、たくさんの票を獲得した現実を、「言葉がない。興奮するし、感謝している」と素直に喜びました。

【次ページ】 ジョーダンが最後にコービーに託したものとは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
コービー・ブライアント
レブロン・ジェームズ
マイケル・ジョーダン
ステフィン・カリー
NBA

ページトップ