セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

本田放出はミランにとって13億円に!?
誰も抗えない移籍市場の「力学」とは。

posted2015/12/28 10:30

 
本田放出はミランにとって13億円に!?誰も抗えない移籍市場の「力学」とは。<Number Web> photograph by AFLO

報道のスタンスも状況も日替わり状態の本田圭佑。果たして「市場」はどんな判断を下すのだろうか。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 4年前の冬、本田圭佑にはラツィオへ移籍するチャンスがあった。

 2年が過ぎた後、彼は新天地ミランへの移籍を果たしたが、仮に'12年1月の時点でセリエAへ来ていたなら、当時25歳だった彼のキャリアは、今頃どうなっていただろう。

 2015年のラストゲームを、本田は白星で終えた。

 アウェーの17節フロジノーネ戦で、3カ月ぶりのリーグ戦先発フル出場を果たし、アシストも決めた。

 4-2で今季初の逆転勝ちを収めたミランは、カンピオナートで6位につけた。本田は3日前のコッパ・イタリアでも1アシストを決めており、準々決勝進出に貢献している。

 ただし、ミハイロビッチ監督がフロジノーネ戦の後に残した「本田を移籍市場で放出しようとしたことはない」というコメントには、引っかかるものがあった。

 久しぶりに先発のチャンスを与えた本田について、指揮官は「いいプレーをすることだけを考えるべき」と付け加え、「もしチャンスをふいにすれば、次の機会を待たなければならない。今日のようなプレーを続けていれば、面倒な問題はないのだ」とわざわざ勿体ぶった調子で続けた。ユーゴ紛争を生き延びた指揮官は、彼独特の言い回しに“プレー以外の余計なことは考えるな”という戒めの色を加えたようだった。

ガッリアーニは放出を否定したが……。

 本田のチーム内の立場は、今も決して安泰とはいえない。

 10月初旬のナポリ戦後に起きた、いわゆるクラブ批判騒動の後、チームの戦術ベースが4-3-3から4-4-2へ移行したこともあり、本田の出場時間は激減した。

 いずれも後半からの途中出場となったナポリ戦後の7試合の合計プレー時間は、ロスタイム分を含めても80分に満たない。

 すでにベンチで過ごす時間が多くなっていた11月上旬、本田がガッリアーニ副会長と直接面談し、そこで今冬の移籍を訴えたという報道があった。

 副会長は「1月には誰も放出しない」と一蹴したが、その言葉の効力が、日付が変わった瞬間に消え去る類のものであることは、あらゆるクラブのフロントや代理人なら無論承知している。

 フロジノーネ戦の勝ち星で一息ついた副会長は、「“ホンダ問題”など存在しない」と今冬放出説をあらためて払拭しようとしたが、来年1月4日に開く移籍メルカートで、本田が移籍する可能性は本当にないのだろうか。

【次ページ】 本田の放出で、ミランは13億円が浮く!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
本田圭佑
中田英寿
ACミラン

ページトップ