Survive PLUS ~頂点への道~BACK NUMBER

かつては格上だった相手に「余裕」。
吉田麻也がオランダで実感した成長。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/20 10:50

かつては格上だった相手に「余裕」。吉田麻也がオランダで実感した成長。<Number Web> photograph by AFLO

サウサンプトンで今季はCBのファーストチョイスとして出場機会が増えることが濃厚な吉田麻也。岡崎慎司との対戦も楽しみだ。

 オランダで迎える、久々の公式戦ピッチとなった。

 8月6日、EL(ヨーロッパリーグ)予選・フィテッセ対サウサンプトンの2ndレグ。その前週に行われた1stレグで、サウサンプトンはホームで3-0の快勝。揚々と、オランダはアーネムの街に乗り込んできていた。

 吉田麻也にとって、オランダは欧州でのキャリアをスタートさせた地。2010-11シーズンから2年間、VVVフェンロで研鑽を積んだ。オランダ1部・エールディビジの中でも下位にいた当時のVVVにあって、毎試合厳しい戦いを強いられることがほとんどだった。吉田も当時は「常にどんな試合でも攻め込まれることがほとんど。DFとしてセンターバック(CB)として、間違いなく良い経験になっている」と、苦笑交じりで語っていたことが思い出される。

 7月、サウサンプトンはオランダでプレシーズンの試合を戦った。相手は、フェイエノールト。吉田がエールディビジで戦っていた頃は、当然格上だった有名クラブである。

 その試合で、吉田はFKからヘディングでゴールを奪ってみせた。中盤のプレーメーカーであるスティーブン・デイビスが蹴ったボールの精度も高かったが、うまくマークを外してGKの逆を突くコースにシュートを放った吉田のプレーも素晴らしかった。

「今日の相手はタイトには感じなかった」

 試合後、英語のインタビューでこんなことを話していた。

「普段、プレミアリーグではFKの場面で簡単にマークを外せたりフリーになれることは少ない。でもその経験が生きたのか、今日の相手のプレーはタイトには感じなかった」

 さらにフィテッセとのEL予選1stレグでも、CBとして相手攻撃陣を寄せ付けない安定した守備を披露し、無失点で勝利した。

 いずれも、3年前までは苦しんでいた相手である。それが今は、良い意味で余裕のある対応で、敵を退けるまでになっていた。

 結局、2ndレグもサウサンプトンが2点を奪い、無失点でフィテッセに快勝した。

【次ページ】 「プレーの最低レベルの平均を上げていきたい」

1 2 3 4 5 NEXT
吉田麻也
サウサンプトン

ページトップ