NumberEYESBACK NUMBER

生まれ故郷の高知を選んだ藤川球児の合理的判断。
~“男気”ではなく、投手として~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/06/25 10:30

生まれ故郷の高知を選んだ藤川球児の合理的判断。~“男気”ではなく、投手として~<Number Web> photograph by KYODO

 広島の黒田博樹投手が、戸惑っているという話を聞いた。

 メジャーを蹴って古巣・広島愛を貫いた“男気”は確かに感動的だったが、黒田も一人の投手である。メジャー時代はひたすら次の登板に向かって自分を追い込み、結果を残してきた。そんな職人気質の男が、復帰以降は自分の登板のことだけではなく、周囲が勝手にイメージする“男気”にも心を注がねばならない。そのことに少し困惑しているというのだ。

 野球選手は人を感動させるためにプレーをするわけではない。アスリートとして、また高額な報酬を得るプロの職業意識として、ベストのパフォーマンスを目指す。そのために努力と準備をしてグラウンドに立ち、その姿に観ている者は心打たれ、何か特別なものを感じる。ただ、その感動や共感は、あくまで結果なのである。

 そう考えて前テキサス・レンジャーズ、藤川球児投手の日本復帰の動きを見れば、その道筋はスッキリと見えてくる。

1試合ごとのスポット契約で、本人は無報酬だが……。

 藤川が日本での復帰先として選んだのは、生まれ故郷の高知に本拠を置く独立リーグ、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスだった。

「新しい人生のスタート。最高の決断をした。(自分が生まれ故郷のマウンドで投げることで)これからの子供たちに何かを感じてもらえたら嬉しい」

 入団会見でこう語った藤川の契約内容は、1試合ごとのスポット契約で、本人は無報酬。入場料収入の10%を地元の児童養護施設に寄付するというものだった。

 この契約に一部では、またぞろ“男気”という言葉が飛び交ったが、事はそんなに単純ではない。

 今回の日本復帰に際して、故障の回復具合などに確証が持てないNPBの球団は、なかなか手を出せなかった。その中で獲得に動いたのは古巣の阪神だけだったが、その阪神も条件面で折り合いがつかず、交渉は水面下で決裂した。

 そこで藤川が選んだのが自らの“品評会”だったわけだ。

【次ページ】 藤川が投げることで、活性化につながるのが理想。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
藤川球児
高知ファイティングドッグス

ページトップ