セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

売却騒動に解任問題の迷走ミラン。
本田圭佑が好機に決めていれば……。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/03/17 12:00

売却騒動に解任問題の迷走ミラン。本田圭佑が好機に決めていれば……。<Number Web> photograph by Getty Images

終盤に逆転を喫したチームに、本田圭佑は「それが今のミランの弱点」と語っていた。

「今夜、私のミランを再び見ることができた」

 指揮官インザーギは、今季の初めに好調だった頃の自らのチームを、フィレンツェのスタジアム「アルテミオ・フランキ」に見たらしい。

 ミランは15日のセリエA27節で、フィオレンティーナとのアウェーゲームに臨んだ。

 試合前から強い雨が降りつけるピッチの上で、アップをするMF本田圭佑と向き合い、指を折りながら10番に望むプレーを教え込む監督インザーギの姿があった。

 前節ベローナ戦でのドローは、オーナーであるベルルスコーニの強い怒りを呼び、現場を預かるガッリアーニ副会長が“インザーギ即解任命令”を何とか食い止めている状態だ。上位フィオレンティーナ相手の勝ち点3は難しいとしても、無様な失態だけは避けねばならなかった。

4-3-3の右サイドFWで、4試合ぶりの先発を果たした本田。

 本田は、2月15日のエンポリ戦以来、4試合ぶりの先発復帰を果たした。

 復帰のポジションはトップ下か2列目かが注目されたが、蓋をあけてみれば、見慣れた4-3-3の右サイドFWに10番は置かれた。3トップを組んだのは、FWメネズとFWデストロだ。

 主将モントリーボとアンカー役デヨングを故障で欠く中盤の脆さは如何ともし難いが、右サイドの相棒SBアバーテが、右太ももの肉離れから約1カ月ぶりに復帰したのは朗報といえた。

 キックオフ直後から、本田は中盤まで下がり、やはり先発のチャンスを与えられたMFファンヒンケルとの連係を目指す場面が多く見られた。敵陣での空中戦もアグレッシブに競り合った。

 3日後にローマとのELベスト16ラウンド2ndレグという重要な試合を控えるフィオレンティーナは、先週戦った同カード初戦のスタメンから大量6人を入れ替えてきた。

 直近の試合で多用してきた4バックではなく、3バックへ戦術変更したことが、ミランにチャンスをもたらした。3バックに不慣れな相手守備陣の隙を突いて、ミランDFアントネッリが左サイドの起点となっていた。

【次ページ】 開始早々から、ミランが攻め立てる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
フィオレンティーナ
ACミラン
本田圭佑
フィリッポ・インザーギ

ページトップ