貴乃花光司の名言 

今日の名言 

入門した時から、私は父の“分け身”だと思ってやってきました。大関で土俵人生を終えた父の代わりに、自分がその上を目指していく。それが私の原動力でした。

貴乃花光司(相撲)

2015/02/11

父・初代貴ノ花が果たせなかった横綱を目指し、15歳で入門。最年少記録の19歳5カ月で幕内初優勝を果たして以来、角界をリードしてきた貴乃花だが、「父から部屋を引き継いで師匠となった現在も、自分はその延長にいると思います」と、師匠でもある父が絶対的存在であることに変わりはない。

Number870号(2015/01/22)

ページトップ