メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

福西崇史がオーストラリア戦を語る。
「見たかったのはアンカー今野」 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/11/27 16:30

福西崇史がオーストラリア戦を語る。「見たかったのはアンカー今野」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

「福西崇史の『考えるサッカー』」、配信は毎週月曜日の予定です。

元日本代表ボランチがサッカーの現在を赤裸々に語る
メルマガ「福西崇史の『考えるサッカー』」
最新号の中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

<目次>

【1】《福西さんの近況を聞こう》
    ~ 岡山での解説→新潟・魚沼でのスクールで…… ~

【2】《日本代表戦を振り返る》アギーレ体制、年内最終戦(1)
    ~ 「相手を見て対応した」ダブルボランチ ~

【3】《日本代表戦を振り返る》アギーレ体制、年内最終戦(2)
    ~ 代表復帰した遠藤の経験値、香川の試行錯誤 ~

【4】《日本代表戦を振り返る》アギーレ体制、年内最終戦(3)
    ~ 機能した「ボランチ今野」、見たかった「アンカー今野」 ~

【5】《アディショナルトーク!》終了間際の反省会&次号予告
    ~ 読者の皆さまの声、ぜひぜひ聞かせてください! ~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
【4】《日本代表戦を振り返る》アギーレ体制、年内最終戦(3)
-------------------------------------------------------------------
    ~ 機能した「ボランチ今野」、見たかった「アンカー今野」 ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

――オーストラリア戦で存在感を示した今野についても聞いてみたいです。

福西:オッケー。

――代表で久々のゴールを挙げた今野でしたが、起用されたポジションはザック体制下のセンターバックではなく、ボランチとしてでした。これも前回話したところですが、G大阪ではボランチとしてプレーしてます。

福西:「ダブルボランチのひとり」として、素晴らしい出来だったんじゃない? 出場時間はオーストラリア戦の後半だけで、相手を押し込んだ展開になったっていうのはあったけど、個人的には一番良かったんじゃないかなって感じた。

――おお、高評価ですね。

福西:センターバックのときもそうだったけど、守備時にボールを奪いに行くタイミングの良さ、粘り強さが今野のプレースタイルだよね。その間合いの取り方、ボールホルダーへの追い込み方の上手さとか、しっかり出せていてさすがだな、と思った。

――守備面で強みを持っている今野ならでは、と。

どこまで成長しているのか、アンカーで見せてほしい。

福西:あと、ボールを奪ってからの最初のプレーで、香川あたりに送るパスも良かったんじゃない? その中で一つだけ、今野については楽しみにしてたけど見られなかったことはある。

――そういえば、前半途中で布陣が変わってしまいましたから……。

福西:そうそう。「今野にアンカーを任せられるのか?」ってのは楽しみにしていたポイントだったんだけどね。

――遠藤や香川、もしくは柴崎といったインサイドハーフ候補の選手との関係性が、新しいものを生み出したかもしれません。

福西:そうそう。彼がアンカーでプレーする楽しみは……まあ、今後に取っておこう。

――アジアカップでも「アンカー今野」ってケースがあるかもしれませんしね。

福西:今野とは現役時代、FC東京で一緒にやっていたことがあるから、プレーの特徴ってのは身をもって感じてたしね。それに加えて「どこまで成長しているのかな?」ってのをアンカーというポジションで見せてほしいね。

――現状、アンカーで起用されたのは……。

福西:細貝、長谷部、田口、森重だよね。その中でも森重はセンターバックとしてプレーさせたいのかな? って言うのは見えてきたし。その中で今野って選択肢もあったら、タイプが違うから戦い方に幅も出るし、競争意識もまた強くなってくるだろうから。

◇   ◇   ◇

ほかにも代表復帰の遠藤保仁についても語っている福西氏。
この続きは、メルマガNumber「福西崇史の『考えるサッカー』」
ぜひお読みください。

福西崇史の『考えるサッカー』
関連キーワード
福西崇史
今野泰幸

ページトップ