セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

智将マンチーニがインテルに復帰。
“緊縮体制”でも成績を残せるのか。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/11/28 10:40

智将マンチーニがインテルに復帰。“緊縮体制”でも成績を残せるのか。<Number Web> photograph by AFLO

マンチーニ体制の初陣となったミラノダービーでは、史上初の日本人対決も実現した。

 サン・シーロへ、指揮官マンチーニが帰ってきた。

 低迷に苦しむインテルは、チーム再建の切り札として、今も高い人気を誇る元カリスマ監督を呼び寄せた。

 早くも救世主のように扱う周囲を「私は魔法の杖を持っていない」と牽制しつつ、「インテルはすぐに勝つ必要がある」と臨戦態勢を敷く。

 マンチーニに、墜ちた名門再興の勝算はあるのか。

 前任者マッツァーリは、11月14日に解任された。

 代表戦によるリーグ戦中断を前に、彼の指導は迷走し、チームは完全に自信を失っていた。ホームのサン・シーロでさえ、監督や選手へブーイングが降り注いだ。

 11節ベローナ戦で黒星同然の引き分けに終わると、マッツァーリの口から「前半はよかったのだが……雨も降ってきたし」と言い訳がましい言葉が漏れた。

 言うに事欠いて、不甲斐ない試合を雨粒のせいにしようとした指揮官に、トヒル会長とインテリスタたちの愛想も尽きたのだった。

前回のマンチーニ政権は、インテルの黄金時代だった。

 6年ぶりに復帰したマンチーニへの期待は高い。

 '04年から4シーズン指揮を執った彼の第1次政権時代は、華々しいタイトル歴に彩られている。'05年から'08年にかけて達成したクラブ史上唯一のスクデット3連覇に加え、イタリア杯とイタリア・スーパー杯もそれぞれ2度ずつ制覇した。

 英国に渡った後、'12年にはマンチェスター・Cの監督として、プレミアリーグも制した。昨季は、やはり危機的状況にあったガラタサライに途中登板し、CLグループリーグ突破を果たしている。実績は確かだ。

 マンチーニは、偏執的戦術家でもないし、単純なモチベーターでもない。

 10年前、ザッケローニの後任としてインテルの監督に就任したとき、彼は39歳の若手指導者だった。

【次ページ】 無理に手懐けるのではなく、“セレクター”として。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ロベルト・マンチーニ
インテル
長友佑都

ページトップ