欧州CL通信BACK NUMBER

上手くなければ、攻撃的になれない。
レアルがCLで示した“単純な真実”。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/11/07 10:40

上手くなければ、攻撃的になれない。レアルがCLで示した“単純な真実”。<Number Web> photograph by AFLO

訪れたチャンスを確実に決め、CL4戦連続のゴールでレアル・マドリーのベスト16進出を決めたベンゼマ。「上手い」ということが、可能な戦術の幅を広げる。

 サッカーを「攻撃的か守備的か」の二元論で評するのは、まったくもってナンセンスである。

 どれだけ攻撃的なサッカーを志向するチームでも、単純に相手のほうが上手ければ守備的にならざるを得ない。もちろん、逆もまたしかり。極端に言えば、いつも「守備的」と揶揄されるジョゼ・モウリーニョの率いるチームがアマチュアのクラブと対戦すれば、圧倒的に攻撃的になることは間違いない。

 そうした相対的な「上手さ」の差が大きいほど、ボール支配率や印象としての優劣に差が出る。しかしこの時、“上手いチーム”は決まって世界共通の課題に直面する。

 守勢に回って自陣に引く相手の強固な守備ブロックを、いかに崩してゴールを奪うか――。

リバプールを“上手さ”で完全に上回るレアル。

 チャンピオンズリーグ、グループリーグ第4節。ホームのサンティアゴ・ベルナベウにリバプールを迎えたレアル・マドリーは、その答えを明確に示してゴールを奪い、4連勝で16強進出を決めた。

 イギリス各メディアの予想どおり、この日のリバプールは3日前のリーグ戦からスタメンを大幅に変更した。

 スティーブン・ジェラード、ラヒーム・スターリン、マリオ・バロテッリ、フィリペ・コウチーニョ、グレン・ジョンソンらビッグネームがベンチスタート。通常の控え組中心のメンバー構成も多士済々とはいえ、チームとしての成熟度ではレギュラー組に劣る。

 ベストメンバーを組んだレアル・マドリーとの「上手さ」の差はさらに開き、必然的にレアル・マドリーがボールの主導権を握り、リバプールは自陣に押し込まれる展開となった。「攻撃的か守備的か」ではなく、単純にレアル・マドリーのほうが上手い。

【次ページ】 リバプールの守備にロナウドがしびれを切らし……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
リバプール
スティーブン・ジェラード
ラヒーム・スターリン
マリオ・バロテッリ
フィリペ・コウチーニョ
グレン・ジョンソン
ハメス・ロドリゲス
クリスティアーノ・ロナウド
ルカ・モドリッチ
イスコ
カリム・ベンゼマ
トニ・クロース
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ