プレミアリーグの時間BACK NUMBER

'14-'15シーズンのプレミアが開幕。
優勝、降格に、最初の解任監督まで。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/08/15 10:40

'14-'15シーズンのプレミアが開幕。優勝、降格に、最初の解任監督まで。<Number Web> photograph by Getty Images

プレシーズンマッチで早速得点を決めている、チェルシーに加入のジエゴ・コスタ。本物のFWが、チームに悲願の優勝をもたらすか。

 マンチェスター・シティの優勝が決まった昨季最終節から3カ月。プレミアリーグの2014-'15シーズンが今月16日に幕を開ける。クラブ史上初のリーグ連覇を狙うマンCから、残留に全てを懸けるレスター、バーンリー、QPRの昇格組まで、20チームが新たな9カ月間の闘いに挑む。

 昨季は、2ポイント差で競ったトップ2が揃って得点数を100の大台に乗せた。今季もゴールに沸く優勝争いが見られるだろう。中でもマンCのFW陣は「補強要らず」のリーグ最強。リバプールのブレンダン・ロジャーズ監督は、リーグ得点王のルイス・スアレスを失っても「勝つために攻める姿勢は不変だ」と勇ましい。

 ポイント数ではトップ2に迫った3位チェルシーでは、昨季途中で「ストライカーがいない」と得点力不足を嘆いたジョゼ・モウリーニョ監督が、新1トップとしてジエゴ・コスタを手に入れた。

 アーセナルも、アレクシス・サンチェスという一線級を前線に加えている。そして、昨季トップ4に加え、ルイス・ファンハール監督の就任で優勝戦線復帰説が強まったマンチェスター・ユナイテッド。エースのロビン・ファンペルシは、オランダ代表での恩師の登場に誰よりもモチベーションを高めている選手だ。

マンCの静かな夏は、国内2冠の自信の表れ。

 しかし最終的には、チェルシーとマンCの一騎打ちになるのではないだろうか。両軍は選手層を含む総合力で他の優勝候補3チームを凌いでいる。

 マンCは、ビッグクラブにしては静かな夏を送っている。だが、それは物静かな昨季の国内2冠監督、マヌエル・ペジェグリーニにも通じる自信の表れに他ならない。

 セルヒオ・アグエロの欠場時にゴールで貢献したエディン・ジェコとは新契約締結の見込みで、アルバロ・ネグレドとステバン・ヨベティッチは、移籍2年目に本領発揮が期待されている。中盤の得点源ヤヤ・トゥーレも、「誕生日を忘れた」クラブへの癇癪は収まった様子。移籍騒動に発展した問題の誕生日は、シーズン最終月までやって来ない。

 バンサン・コンパニを中心に安定している最終ラインでは、既にパブロ・サバレタという実力者がいる右SBにアーセナルとの契約が切れたバカリ・サニャが加わった。質も量も十分なMF陣にはフェルナンド加入と、プレミアとCLの両立にも抜かりはない。資本関係を持つニューヨーク・シティからは、チェルシーから“定年”で移籍したフランク・ランパードを短期レンタルで獲得する念の入れようだ。

【次ページ】 優勝に最も近いのは、モウリーニョ2年目のチェルシー?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
マンチェスター・シティ
リバプール
ブレンダン・ロジャーズ
アーセナル
マンチェスター・ユナイテッド
チェルシー
マヌエル・ペジェグリーニ
アーセン・ベンゲル
エバートン
トッテナム
マウリシオ・ポチェッティーノ
ウェストブロムウィッチ
アラン・アーバイン
サウサンプトン
ガリー・モンク
ロナルド・クーマン
スウォンジー
サム・アラーダイス
ウェストハム

ページトップ