SCORE CARDBACK NUMBER

モーグル遠藤尚はソチで
歴史を塗り替えられるか。
~男子初の入賞、そしてメダルを~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/02/10 06:10

精度の高いエアに定評がある遠藤。五輪5大会連続出場の上村愛子も助言を求める存在だ。

精度の高いエアに定評がある遠藤。五輪5大会連続出場の上村愛子も助言を求める存在だ。

 ソチ五輪が開幕し、メダルを狙える有力候補の名前も取り沙汰されている。それらの顔ぶれに隠れてはいるが、虎視眈々とメダルを見据える選手がいる。モーグル男子の遠藤尚である。12月14日、フィンランド・ルカでのワールドカップ開幕戦では3位に入った。

「ここまで課題を一つ一つ、つぶすことができています。体幹を鍛えたことで動きに切れが増しています」

 今秋、手ごたえを語っていたが、言葉のとおり、日本男子のエースが、順調にシーズンインした形だ。

 遠藤は小学4年生のとき、ワールドカップを観て憧れを抱き、モーグルへと進んだ。その後日本代表入りした遠藤の名が広まったのは、19歳で出場し、日本男子初の入賞となる7位となったバンクーバー五輪だった。「日本男子初」だと聞くと「えーっ」と驚き、笑顔を見せた。

「楽しかったです。思い切ってやることができて、思った以上に緊張せず、力を出し切れました」

 率直に喜びを表したが、成績もさることながら、178cmと日本の選手としては長身の身体から繰り出されるダイナミックで大きなエアが世界でも武器になるのを証明する機会ともなった。

真面目さこそ昨シーズンW杯種目別総合6位の原動力。

「次はもっと上を目指したい」とソチ五輪を視野に入れた遠藤は、昨シーズン、ワールドカップで自身2度目の3位になったほか、オリンピックのテストを兼ねたソチ大会で4位。終盤、左膝痛にも悩まされたが、ワールドカップ種目別総合6位となり、地力をつけていることを示してみせた。

 そんな歩みを支えているのは身体能力ばかりではない。バンクーバーのときは「働くことも大切」と自ら望み、勤務先の忍建設で型枠大工として働いていることが話題となった。また、世話になっている会社のために活躍を、とも考えていたという。そうしたエピソードにもうかがえる根の真面目さが、原動力となっている。

 オリンピックのモーグルでは、これまで女子の活躍ばかりが目立ってきた。遠藤まで入賞すらなかったように、男子は世界の層の厚さに苦闘を続けてきた。

 その歴史を塗り替えられるか。最近、苦しんできた腰痛などの再発防止が鍵となるが、ソチでも注目の一人である。

関連コラム

ページトップ