SCORE CARDBACK NUMBER

スペイン代表のW杯優勝を
書店が切実に願う理由。
~スポーツ本で出版不況払拭を~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2014/01/29 06:10

バルセロナの書店には、ペップやネイマールなど、サッカー本が目立つ。プジョルの新刊も。

バルセロナの書店には、ペップやネイマールなど、サッカー本が目立つ。プジョルの新刊も。

 インターネットやSNSの普及により読書離れが叫ばれて久しいが、スペインの本屋で賑わいを見せているコーナーがある。それがスポーツ関連書籍売り場だ。国内で昨年上半期に出版された本の総数3万6323冊のうち、スポーツ本の割合は4%に上り、記録的な伸びを見せている。大手書店Casa del Libroの担当者も「近年のスポーツ本の売れ行きは凄まじい」と語るほどだ。多くの書店がスポーツ本コーナーの棚を増やすなど、店内の展示にも変化が見られている。

 そもそも、英国ではスポーツが文学のひとつのジャンルとして認識され、1992年のニック・ホーンビィの著書『フィーバーピッチ』が高い評価を受けるなど市場が成熟しているが、スペインでは本屋の一角に肩身が狭そうに佇むマイナー分野でしかなかった。

 そんなスポーツ本たちが、なぜブームを呼んでいるのか。密接に関わっているのが、スペイン代表の活躍だ。

EUROとW杯連覇が人々の知的探究心や読書欲に火をつけた。

 スポーツ本の売れ行きに伸びが見られ始めたのは、スペイン代表がEUROで優勝した2008年から。世界的な不況により多くの本屋が閉店し始めた時期と重なっているのは皮肉だが、特にサッカー関連の書籍はそこから急成長をみせていく。母国代表がもたらした歓喜が、人々の知的探究心や読書欲に火をつけたのである。それは2年後のワールドカップ優勝でさらに高まることになった。

 ブームはやがて他の分野にも飛び火した。昨年、スポーツ本で最大の売れ行きをみせたのはNBAにまつわる『El sueno de mi desvelo』で、アマゾンでは約1カ月に渡りダン・ブラウンの『インフェルノ』を上回り1位に輝いたほどだ。内容は愛するバスケットボールに著者の人生を織り交ぜたもの。一般受けのいいスター選手の自伝だけではなく、物語として優れた書籍が受け入れられるようになっていることからも、スペインにおける同分野の開拓が進んでいることが分かる。

 昨年はバルセロナのゴシック地区にあった歴史的書店Canudaが閉店に追いこまれるなど、依然として出版不況は続く。そんな中、スポーツ本の勢いに期待は集まっており、今年も多くの本が出版される予定だ。ブラジルワールドカップでのスペインの優勝を誰よりも願っているのは、本屋と出版社なのかもしれない。

関連コラム

ページトップ