フットボール“新語録”BACK NUMBER

本田移籍問題でイメージ低下も……。
ロシア経由4大リーグ行きの将来性。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/12/16 10:30

本田移籍問題でイメージ低下も……。ロシア経由4大リーグ行きの将来性。<Number Web> photograph by AFLO

CSKAモスクワ時代の本田圭佑を取り囲むFCクラスノダールの選手。この10月のアウェーでの対戦では1-5と敗れたものの、12月のホームでの試合は1-0とCSKAを下した。

「クラスノダールのクラブが、日本人選手に興味を持っている」
 (ロシアにパイプを持つ代理人)

 ここ1、2年、ロシアリーグとパイプを持つ代理人から、こんな情報を耳にしていた。

「クラスノダールのクラブが、日本人選手に興味を持っている」

 クラスノダールにはクバン・クラスノダールとFCクラスノダールがあり、その両クラブともに日本人選手をリストアップしているというのだ。本田圭佑のCSKAでの活躍や香川真司のマンチェスター・ユナイテッド移籍によって、ロシアでも日本株が急上昇しており、新たな投資先として目が向けられている。

 ただ、打診を受けた代理人に話を聞くと、「クラスノダールがどんな街かわからないのが不安」と語っていた。確かに首都のモスクワに比べ、地方都市の情報は極端に限られている。日常生活が想像できないと、代理人としても選手に勧めることはできないだろう。

「ロシアのハワイ」は実に暮らしやすそうだった。

 筆者は12月6日、FCクラスノダール対CSKAの取材のために、このウクライナ国境近くの街を訪れることになっていた。もちろん最大の目的は本田のロシアリーグ・ラストマッチを取材することだったが、同時にクラスノダールがどんなところかを視察してみたいという気持ちもあった。

 結論から書くと、クラスノダールは実に暮らしやすそうな街だった。

 モスクワではすでに雪が積もっていたのに対し、クラスノダールの気温はプラス5、6度。地元の人によれば、「ロシアのハワイ」と呼ばれているそうだ。人口65万人で交通量も少なく、モスクワのように練習場からの帰路に渋滞に巻き込まれることもない。

 同じクラスノダール地方のソチが2018年W杯の開催地に選ばれたため、クラスノダールは落選してしまったが、今でも国内では「ソチよりクラスノダールの方が開催地にふさわしい」という声がある。サッカー熱はモスクワにも劣らない。

【次ページ】 クバンの下部組織で『ホンダ!』と呼ばれる少年。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
本田圭佑
CSKAモスクワ
橋田征憲
クバン・クラスノダール
FCクラスノダール

ページトップ